全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室東京 サムエル・デザインスクール スクールブログ 素材選び

素材選び

デザインの仕事で、お客様が「こんな感じで」というイメージをおっしゃってくれるのですが、いくら言葉で伝えられても、お客様のイメージと、受け取る私のイメージがピッタリ一致することは正直50%あれば良い方です。

例えば…

「宇宙のイメージで、明るく神秘的な画像を入れて欲しい」というご要望。

私、宇宙=神秘的は分かりますが、宇宙=明るいというイメージが無いので、とても苦労しました。

宇宙で明るい…?
太陽か!?いやいや、太陽じゃ神秘的ってのがダメでしょ。
なら、暗い宇宙空間で輝く地球??
これも神秘的かというとちょっとビミョー。

結局、お客様ご自身にイメージに合う写真を探していただき、掲載することになりました。

別なケースでは
「パリっぽいカワイイアイコンにしてください」

パリ…パリ…PARIS…。

いかん!エッフェル塔と凱旋門しか思い浮かばない!!!
「パリっぽい」イメージって、いくつかの要素を組み合わせて初めてパリっぽくなると思っているので(カフェオレやクロワッサン、香水、スイーツetc)、アイコンという単品でパリを表現するのは私にとって物凄く難しい。

香水瓶だけをアイコンにしても、果たしてパリっぽいと言えるのか…。

そんな訳で、素材を探すだけで3日掛かるなんてザラ。
でも逆に、素材さえドンピシャで探せれば、後は組み合わせ次第でどうにでもなってしまうというのも事実だったりします。

苦労して探して来た素材で仮組みをして確認してもらって、
「イメージにピッタリです!」と言っていただけると、やはりとても嬉しいものです。

人それぞれかも知れませんが、私にとって素材選びって、結構大切です。

 

(2011年7月1日(金) 10:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

米滞在13年!アメリカで磨いたデザインスキルでWEB製作~DTPまで

サムエル・デザインスクール
佐藤智代 (Illustrator)

品川・川崎・大崎・浜松町・田町・蒲田・大森町・羽田空港

ブログ記事 ページ先頭へ