サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室東京 デザインクラス_I スクールブログ 美術館ナウ

美術館ナウ

休日は、たまに美術館にいきませんか。
東京には特徴のある美術館が幾つもあり楽しめます。

実物の絵画や彫刻、美術品を見ると感じますね、スゴさを。色の表現やボリュームは図録とは全く違います。自身で体験したものは蓄積しますから。

グラフィックデザインは大量に印刷されたものですが、それとは正反対のこれら芸術を体感する事は、デザインという行為にすごくいい影響があるといえます。

そしてその後の食事。チェックしておいたとっておきの場所でゆっくり摂りましょう。この満足感が活力になるんだなぁ。

自分を高めてあげる事が、創造力につながると思いますよ。

美術館ナウ

(2011年4月29日(金) 10:18)

次の記事

この記事を書いたコーチ

実務30年以上!化粧品デザインやブランドの立ち上げ経験も聞ける

新着記事

ウォルトディズニーの言葉です。 彼がデビューさせた一匹のネズミ、ミッキーマウスは最初カワイクありませんでした。 むしろきらわれものでした。 それから段々と出会いが多くなり ミニーマウスや、プルートに出会う頃には 耳や口、足などがおおきくなって 黒目がちだった目も白目がつきハンサ...

Bunkamuraで開催中の「フェルメールからのラブレター展」に行って来ました。 フェルメールは過去何回か展示されているけれど、 今回は「手紙」がキーワードになっているもの4点と同時代の作家の絵画展。 ラピスを原料にしたウルトラマリンブルーをたっぷり使った<手紙を読む青衣の女>。...

先月中旬まで、奈良国立博物館で行われていた正倉院展。 どうしても見たいと思っていたものがあって、いそいそと出掛けていった次第です。 通称「らんじゃたい」。 黄熟香「おうじゅくこう」という香木を一見してみたかったんです。 切り取った木片をたいて香りを楽しむ当時の最高階層の贅沢品。 その...

革新的な製品で時代を切り開いてきたスティーブ・ジョブズ氏がついに天国へ旅立ってしまった。 ただ、かれの死によってアップルの将来がどうなるかは、あまり興味がない。 アップルという会社ではなく、 魅力的なサービスや製品を、まるで未来から持ち込むように プレゼンテーションしてくれる彼の姿...

チャカチャカチャカと鉦がなり始め、ドドドドンと和太鼓が響き、それに笛の音が通る。 この季節のクライマックス、高円寺阿波踊り。 いつも陣取るルック商店街は道幅が狭いので、その分、連との距離がちかく、躍動感やリズムを体感するのに最適だ。 正当派、パフォーマンス派、さまざまな連が精...

ブログ記事 ページ先頭へ