全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室東京 Kyoubuzawa Illustrator school スクールブログ さてさて・・ ...

さてさて・・ Illustrator ってソフトの何が良いかって言うと


例えば・・

昔は線を一本引くのにも、烏口や、溝引きを使ったり、
円を描くにはコンパスと烏口など、
加えて、それなりのテクニックも必要でした。
(江戸時代には「ぶんまわし」という
コンパスのようなモノがあったそうですよ~)

そんな中、
ロットリングの登場は画期的でした(・・・だったらしいです)。

そりゃそうですよね。
一気に、テクニックの問題が軽減されたのですから
(それはそれで問題ありなんですけどね~)。

まあ・・
PC+Illustrator はその延長線上にあるともいえるのです。
もっと楽になったのですから。

なにせ、線種・長さ・太さ・・を
指定してやれば瞬時に線を引いてくれます。

そして、これはPCの一つの特徴でもありますが、
いくらでも複製してくれます。

これは、
この手の仕事をしている人間にとっては凄いコトなんですよ。

時間の短縮
テクニックに煩わされないでも得られる精度

そして、何より!! 

何度でも「やり直し」が可能という
つまり「シュミレーション」ですね。

最終的な作品の精度を、舞台下で支えてくれるのですから。

もちろん、溝引きや烏口を使ったテクニックも大事ですよ。
それも大事な舞台下です。
出来るなら、チャレンジして覚えることを推奨します。

その上で、
ロットリングを手にした時代の人のような

「すげー!」って感じを

PCで覚えてくださればいいわけです。


いや・・・ 実は子供の頃、

こっそりといじった・・・父親の(設計技師なんですがね・・・)
ロットリングに私自信が感動したもので・・・

ロットリング自体はもっともっと昔からあったらしいんですが
ボクが見たのはその時がはじめてで・・・

こんな話、してみました

 

(2010年8月28日(土) 1:45)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

多摩美卒!「何が分からないかが分からない」方も、基礎から丁寧に指導し

ブログ記事 ページ先頭へ