全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室東京 Kyoubuzawa Illustrator school スクールブログ 「 Illus...

「 Illustrator ってイラストを描くツールじゃなかったりする? 」


このタイトル
・・半分・・いや、3分の1、いやいや、5分の1くらいは当たっていたりします。

まず、イラスト というと どのようなモノを想像されるでしょうか・・

アニメ系の まああんな感じ? 
絵画的な 油絵や水絵のような感じ? 
写実的な 写真を想起させるような感じ? 
他には・・・ん~、まあ人それぞれ、色々ですよね。

でも、実は・・・
上記のような絵(上達すればアニメ系はいけるかな・・それもかなり)を描くのには
あまり適したソフトではありません。
(とはいっても・・上級者になると、それをやっちゃうから、また、ややこしい話なんですが・・)

特に筆あとや絵の具等のテクスチャーなどを表現するコトは限りなく難しいソフトです。
それをやるには「 Peinter 」というソフトがあります。
あえて、Illustratorでやることもないでしょう。

adobeのIllustratorというアプリケーションはどんなコトが出来るソフトなのか・・

よく、「 Illustrator はイラストを描くソフトだよ 」などと説明・紹介されますが、
横で聞いていて「ちょっと違うよな・・でも間違いでもないし・・」
名前も「 adobe Illustrator 」 なんだし、
その方が分かりやすいなら、まあいいか・・なんて、いつも思っていました。

じゃあ「 Illustrator 」はどんな絵に向いているのか・・・また次回にしましょうか。


 

(2010年8月25日(水) 0:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

多摩美卒!「何が分からないかが分からない」方も、基礎から丁寧に指導し

ブログ記事 ページ先頭へ