全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室東京 Kyoubuzawa Illustrator school スクールブログ 親切、丁寧・・...

親切、丁寧・・・って?

あ・・・ソフトについての雑記に入る前にもう一つ・・・

どういう感じで教えて行こうかなっていう・・・まあ姿勢みたいなモノですか。

よく、ネット上で
「Macが動かなくなった!どうしよう?初心者ですが教えて下さい」 みたいな
書き込みがあったりしますね。

それに対しての応答・・・かなり不愉快な反応があったりして
まあ、そんなのは論外で、スルーですが、

教えてくれる人のなかにも、下記のようなモノが目にさわりますねえ・・・。

「同様の質問は他にもスレが立っているんだから、先に検索してから来い」
言い方はもっとソフトですがね・・・

「機種・OS・使用ソフトのバージョン などを書いてから質問するのがルールです」
とか・・・

その通りなんですが・・・なんか上から目線というか、嫌ですよね。
この初心者の人、もうこの質問欄には来ないだろうな・・・って感じです。

だいたいルールってなんですかね? 
そうやって、勝手にどんどん作られていってますね。

初心者って書いているんだから、
教えるなら丁寧に教えてあげればいいじゃないですか。・・・ねえ!

そもそも、そういう「聞き方」も分からないのが初心者なんですから・・・
それに、初心者は 同じ質問を何度も繰り返しますよね・・・形をかえて。

その方たちは「同じ質問」をしているとさえ思っていません。
それは根本が判っていないからで、
それには、いちいち、丁寧に答えてあげる必要があるはずです。

学校のように、一律の理解度を基準において教えても意味がありませんよね。

そいうのって、やはり不親切だと考えちゃうわけですよ。
なるべくそういうのはしたくないなあ・・・とね。

さて次はやっと Illustrator について書いてみようかな・・・と。

 

(2010年8月25日(水) 0:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

多摩美卒!「何が分からないかが分からない」方も、基礎から丁寧に指導し

ブログ記事 ページ先頭へ