全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室埼玉 キムラ・デザイナーズカフェ スクールブログ デザインの勉強...

デザインの勉強は年を取ってからでは遅い?

デザインは若い感性じゃないと良い物は出来ない。
そんな風に思っている方も多いと思います。

たしかに、若い方が感性も豊かで発想も柔軟。
そんなイメージがありますね。

しかし、実際に活躍しているデザイナーさんなどを見てみると、
若い方も多いのですが、30~40代で活躍している方が最も多く、
50~60代でも第一線で活躍している方も多く見られます。

もちろん実力勝負のデザイン業界、
大御所だからと言って名前だけで商売が出来る訳ではなく
年齢関係なく第一線で頑張ってている方は皆素晴らしいデザインを
日々生み出しています。

感性や自由な発想は若い人たちの専売特許と思われがちですが、
実際に若いデザイナーと仕事をしてみると、
意外と頭の固い発想しか出なく困ったことが多々ありました。

若いからと言ってもトレーニングをしなければ
なかなか発想力というものは付けられません。

自分自身の経験から言わせていただければ、
意外性のある自由な発想というのは、
別の創作物にインスパイアされ、そこを皮切りに発想させていくことが
重要なのではないかと思います。

前出の若いが発想が貧困と感じられるデザイナーには
とにかく色々なデザインやデザイン以外の創作物などを見て
デザインの引き出しを多く持つようにアドバイスしました。

多くの物を見て経験しその中で自分のスパイスを効かせていく。

そのように発想は経験から生まれてくるものだと思います。

つまり、発想力は若い人たちの専売特許などではなく
むしろ経験を積んだ年齢の方にこそ分がある物。

僕のレッスンでは年齢に関係なく、
その人に合ったレッスンを心がけていきたいと思います。

経験者には経験者なり、初心者にはイチから。

DTPソフトのみならずパソコン自体ほとんど触ったことがなくても
パソコンの立ち上げ方やソフトのインストールから
丁寧にお教えいたします。

年齢やデザイン経験は関係ありません。
まずは楽しむことから初めてください。

 

(2010年10月5日(火) 14:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

実務12年、デザインの第一線で見えた実務で足りないスキルをあなたに!

ブログ記事 ページ先頭へ