全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室千葉 イラストレーター教室・AJラボ スクールブログ グラフィックデ...

グラフィックデザインって何?っていうお話…

グラフィックデザイン(英: graphic design)は、主として平面の上に表示される文字や画像、配色などを使用し、情報やメッセージを伝達する手段として制作されたデザインのこと。〈wikipedia 参照〉

分かりやすいですね。
ポスターとかチラシとか雑誌広告・新聞広告とかですか…
本などの読み物と違って情報そのものを伝達するに留まらず伝達の仕方でメッセージを付加している感じでしょうかね。

そういわれると雑誌のレイアウトや電車の中刷り見出しなんかもグラフィックデザインでしょう。


お仕事でデザインなんかすると身に染みるわけですが、
この『情報』をいかにわかりやすく伝達者の意図する意味あいで伝えるかという部分がグラフィックデザインの難しくも面白いところです。 カッコ良けりゃいいってもんでもないんです。


では、皆さんがイラストレーターを勉強してどんなグラフィックデザインをするのか。
例えばダンススクールに通っていて発表会のお知らせフライヤー〈チラシ〉を作るとします。

○タイトルは大きく色をつけて-スクール名と会の名前。

○日時と場所は見難くない程度の中文字で横には分かりやすく会場の地図

○「お友達をお誘いあわせの上、お気軽に!」なんていうメッセージは重要メッセージと混同しないように字体を変えて斜めに配置

○注意事項は最後のほうに大きすぎない真面目な字体で

○秋なら紅葉のイラスト、ダンスだから踊っているイラスト

皆さんこんな感じのものが最初に思い浮かんだのではないでしょうか?… これがグラフィックデザインです。
他にもダンスの種類、明るめ/重厚、先生や会の特徴などなど 表現できる部分が沢山あります。せっかくですから『あなたらしさ』を付けてください。

グラフィックデザインというと大層ですが、皆さんもこれまでに幾度となく経験してきた事(年賀状や家族への置手紙も)だと思います。

長々と書いてしまいましたが、グラフィックデザインを身近に感じて頂けたのではないでしょうか? 


これからも自信を持ってあなたのデザインをしてくださいね。

 

(2010年8月24日(火) 3:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

実務経験12年からつむぎだされる、「あなたらしさを」付け加える方法

ブログ記事 ページ先頭へ