全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室埼玉 デキル・デザイン教室 スクールブログ 「シンプルイズ...

「シンプルイズベスト」

前回からの繋がりで今回のキーワードは

"Simple is the best."
「シンプルイズベスト」

こんな事を書きつつ数多くの装飾デザインに携わって
きました自分にとっては少々説得力不足かもしれません。

かつての日本は高度経済成長さなか大量生産、大量消費
をアメリカに倣って躍進しましたが、
現在は多品種、少量生産の時代であります。

そのため、我々デザイナーは次々に新しく出る商品や
宣伝の為にスピードを求められ、納期に追われる毎日というのが現状です。

しかし、今は良い時代で便利なレイアウトツールや
画像処理ソフトも昔では考えられなかった加工も
ボタン一つで出来てしまうんですよね。

じゃあ昔はどうだったの?なんて思う人も居るでしょう。
アナログ時代は”Q数表”といわれる表以上の文字の
大きさは大きくするだけでも大変でした。
Q数の名残はイラストレータにもありますよね。

実際に大きくするには写植機と言われる
印字タイプライターで文字を打ちます。
        ↓
次にその文字を拡大するため写真で任意の大きさまで
引き伸ばします。
        ↓
その印画紙にスプレーボンドをかけて切って初めて
レイアウトする画用紙に貼り付けます。


ここまでどんなに早くても5分~10分はかかります。
・・・

では、今の方が良いのかっていうと実のところ忙しさは
昔とあまり変わりません。 問題はハードのせいでは
なくて道具を扱う人間側にあるのですよ。

初めは物事をシンプルにするために作られた
ハードやソフトでも、それだけでは飽き足らず、
結局付加機能をじゃんじゃん付けてしまいます。

   何が大切で何が要らないのか、

混沌とした今の世の中であります。
何事もまず初めはシンプルにそして
物事を解釈してはいかがでしょうか。


 

 

(2010年8月17日(火) 23:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名テーマパークの造形物~グラフィック制作経験。キャラクターものも得意

ブログ記事 ページ先頭へ