趣味の習い事絵画教室イラスト大阪 絵本・イラストレーション教室 レッスンノート

絵本・イラストレーション教室レッスンノート(5ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

肖像画
肖像画を描き始める前に、画家のものの見方のモード、右脳モードに切り替えて 描くことの意味や、なぜ、顔を描くのか、その理由を説明したあと、 まずは描き方のレクチャーはせずにご本人の肖像画を20...
ドローイング
■ 宿題とフェイスブックに載せるキャラクターのチェック フェイスブックに載せるキャラクターの動きやタッチが柔らかくユニークに なってきました。意識するだけで、だいぶ違ってきますね。 ...
キャラクターの表現、比率
最初のレッスンでは、Painter software で写真を元にクイッククローン、 クローンツールで簡単に物を描写できるやり方をお見せしました。 その後、手描き感を活かしたもう一つの表現方...
鉛筆の調子(トーン)を意識した落書き
■ フェイスブックに載せるキャラクターイラストのチェック。 キャラクターの特徴を活かしつつ、どうすればもっとダイレクトに伝わり、 面白く見せられるか、見せ方の工夫をしていきましょう。 ...
カウンセリング
会社のホームページや広報誌等に、文章だけでなく、より多くの方々に分りやすく、 また見やすいように、ご自身で描いたイラストを添えたい、とのことです。 アナログと、出来ればパソコンを使って絵...
鉛筆で調子(トーン)の練習
■ 猫の絵を走りがき、線がき、ぼかしの3パターンで描いてみました。 猫のすばしっこい動きや身体の柔らかさ、毛のふわふわした感じを鉛筆の調子を変えて 特徴を出す練習をしました。 特に、ぼ...
味のある線を模索
最初に、SNSに載せる予定のイラストを数点、見せて頂きました。 パンダのキャラクターが驚いている様子、緊張している様子、玉ねぎで涙を流している様子をイラストで表現したもので、それに対し、第三者...
鉛筆の持ち方、削り方、練ゴムの使い方、鉛筆の調子(トーン)の出し方、色鉛筆の使い方の練習。
講師が描き方をレクチャーして、一緒に鉛筆でトーンの出し方を数パターン練習しました。 鉛筆の種類、強弱や太さ、細さなどを変えて、線を描いたり円を描いたり、 塗りつぶしてみたりしました。 ...
カウンセリング
ご自身のお仕事に関連する著書を出版したいという素晴らしい目標があり、 その本の中の挿絵として、イラストレーションが描けるようになりたいという 明確な目標をお持ちの方です。 シンプルな人...
鉛筆のトーン(調子)の出し方
■ 引き続き、色鉛筆でイラストレーションの塗りの作業をしました。 基本的には、ご自分の好きな色で自由に塗ってみてください。 重ね塗りの前に、まずは白い部分を無くして、全体に色を置くようにする...

絵本・イラストレーション教室のレッスンノート ・・・計76件

絵本・イラストレーション教室 ページ先頭へ