全国5万人が受講している「サイタ」

イラスト描き方講座・教室

イラスト描き方講座・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事絵画教室イラスト大阪 絵本・イラストレーション教室 スクールブログ 『 右脳と左脳...

『 右脳と左脳を使い分ける② 』

さて、長く描いていると、時に左脳が邪魔をして、自由に描くことにストッパーをかけて
しまうことがあります。
それがいわゆる、「スランプ」と呼ばれる現象です。


スランプというのは、前にも書きましたが、例えばエスキースの段階やイラストを
描いていて、こうしたいけど、他にもっと良くなる選択肢があるのでは?とか、
頭の中では、こんな風に描きたいけど、上手く描けないとか、
描かなければいけないのに描く気にならないという、「行き詰まった状態」のことを
言います。


しかし、それは間違いなくスキルが上達している証拠で、次の段階に進もうとしている
証なのです。
ですから、ここで絵を描くことを止めないでくださいね。
苦しくても、描き続けていくうちに、必ず暗い森から抜け出すことが出来ます。


もし迷ったり描くことが辛くなったら、理屈で考えずに直感で(右脳で)好きに
描くのもありです。


講師は理論ではなく、実践を学んできたイラストレーターなので、実は理屈で
考えるより直感で描くことの方が得意な気がします。
理屈は後からでも付け加えられますし。



*
以前、夫がCGで作った「コーニッシュ・ドラゴン」と「ヤマタノオロチ(蛇年の年賀状)」


最近、‘Game of Thrones season 6’ が終わったばかりで興奮冷めやらず。
そして、「恐竜くん」がちょっとしたマイブームなので、
ドラゴンとヤマタノオロチ(恐竜じゃないか)の画像を。
CGはやはり迫力がありますね。


このドラゴンが気に入ったので、他にも2バージョン作ってほしいとお願いしたら、
私がドラゴンの下絵(イメージ)を描いて、それをリアルに作るなら、とのことでした。
描いてみますか。




『 右脳と左脳を使い分ける② 』『 右脳と左脳を使い分ける② 』

(2016年7月13日(水) 17:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

オリジナル絵本を作りたい方必見!多摩美大卒業後、ロンドンに留学経験

絵本・イラストレーション教室
すず木えり (イラスト)

梅田/大阪・天王寺・難波・矢田・本町・心斎橋・喜連瓜破

ブログ記事 ページ先頭へ