サイタ趣味の習い事絵画教室イラスト香川 さんがわデザインスクール スクールブログ 全然描けなくな...

全然描けなくなっちゃった…そういう時はどうすればいいの?


これ、誰の台詞かわかりますか?
わかった人はかなりの魔女の宅急便のファンかアニメ好きかと思われます。


正解はウルスラという画家の女の子の台詞です。


こどもの頃、絵が描ける人、うまい人をみた時
どうあなたは思っていましたか?

すごいな〜
いいな〜
うらやましいな〜
才能があっていいな〜
だからうまく描けるんだな〜

って思っていませんでしたか?


自分よりうまくて、華やかにみえて、憧れている人達も
実はそんなにいい人生を送ってきたのかどうか?といえば
そんなこと ないと思うんです。

最初からできる人っていないですよね。

みんな、最初は何にもできないんですよ。

赤ちゃんのときってそうだから!笑


教える側にたつと
教わる側の方に


先生はうまいからできるんだ
先生は描けない人の気持ちがわからないんだ
先生はいいよね、うまくて


等、いわれるんですが…笑


わたしの経歴 美大卒でも名のあるデザイン会社出身でもないんですよ。
独学とひたすら周りに恵まれていたおかげでさまでの“いま”です。


正しい勉強、実践と継続をしましょう。


努力、根性の時代は終わりました。


絵を描くのが楽しい。寝るのが惜しい。

そのくらい思う人であれば

スランプがきたり、うまくいかない日々が続いても大丈夫。


ウルスラの台詞から引用しますね。


「描くのをやめる。散歩をしたり、景色をみたり、昼寝をしたり、何もしない。
そのうち急に描きたくなるんだよ。」

「そういう時はジタバタするしかないよ。描いて、描いて、描きまくる。」


てなことです。


そこに誰かに教わればさらに変化すると思うんです。



全然描けなくなっちゃった…そういう時はどうすればいいの?

(2016年1月17日(日) 13:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

デザイナー・イラストレーター歴10年!作成から入稿までサポートします

ブログ記事 ページ先頭へ