全国5万人が受講している「サイタ」

イラスト描き方講座・教室

イラスト描き方講座・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事絵画教室イラスト大阪 絵本・イラストレーション教室 スクールブログ 『 肩の力を抜...

『 肩の力を抜いて、ゆるりとキャラクターを描いてみよう 』

絵本の作業を進めなければいけないのに、現実逃避して、別のことをしています 笑)

意外と、右脳だけで(直感や感情で)落書きみたいにラフに描いた作品の方が、
線に味があったり、雰囲気に面白みがあったりします。

何気なく描いたキャラクターを清書して描いたら、左脳が働いて、
線が固くなってしまい、面白みがなくなってしまった、という経験はありませんか?

イギリスの絵本作家で、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートの講師も
務めた「 クェンティン・ブレイク 」は、ラフに描いたような伸び伸びとしたラインで、
躍動感に溢れた、活き活きとしたイラストレーションが描ける作家さんです。
非常に参考になったので、よく模写をしたものです。

イラストを描く際に、突発的に現れた線をもう一度、再現するのって難しいですよね。
そういう場合は、スキャナーで手描きのイラストを取り込んで、パソコン上で
味のあるラインを残したまま、着色すれば、活かすことが出来ます。
このようなお手伝いも、レッスンでは行っています。

『 肩の力を抜いて、ゆるりとキャラクターを描いてみよう 』『 肩の力を抜いて、ゆるりとキャラクターを描いてみよう 』『 肩の力を抜いて、ゆるりとキャラクターを描いてみよう 』

(2015年2月15日(日) 5:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

オリジナル絵本を作りたい方必見!多摩美大卒業後、ロンドンに留学経験

絵本・イラストレーション教室
すず木えり (イラスト)

梅田/大阪・天王寺・難波・矢田・本町・心斎橋・喜連瓜破

ブログ記事 ページ先頭へ