全国5万人が受講している「サイタ」

イラスト描き方講座・教室

イラスト描き方講座・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事絵画教室イラスト大阪 絵本・イラストレーション教室 スクールブログ 『 絵が上手に...

『 絵が上手になるには?その① 』

どうせ絵を描くなら、上手くなりたいですよね。
上手くなるためのポイントを、2回に分けて、まとめてみました。

① とにかく毎日、描く。

時間が無い時は一日、10分でも良いです。

絵に限らず、どんなことでも毎日、続けると上手くなりますね?
絵心があるとか、才能があるから上手に描ける、というよりは、
絵に向けた時間や描いた枚数が、どれだけ多いか、なのです。

ピカソは、死ぬまでの『 75年間の間に、14万8000点 』描いたそうです。
『 一日5枚以上のペースで、絵を描いていた 』ことになります。

天才に共通することは、才能というより、『 圧倒的な作業回数 』にあると言われています。
とはいえ、毎日、これだけの枚数を描き続けられる精神力と執念が、すでに
凡人ではないことを証明していますね....

自分が思ったように描けないと、自分の絵も中々、好きになれなかったりしますので、
とにかく毎日、描いて、慣れていくのが良いです。

どうしても自分で何かをイメージして、イラストを描くことが難しい場合は、
たくさんの絵や写真を真似して描くことから始めてみましょう。
最初は難しいことは何も考えずに、ただ写しましょう。

いくつも真似て描いているうちに、もう少し違う角度で描いてみたい、
そう思うようになったら、次のステップに進むサインです。

今度はもう少し掘り下げて、どのような表現方法で描いたのか、
(どんな画材を使っているのか、この色はどうやって作ったのか、など)を
「考えながら」真似てみましょう。
自分の頭の中のフィルターを通して、考えたり、観察したり、調べたり、
想像することで、オリジナルの作品に近づいていくからです。

さらに慣れてきたら、次は真似たものを見ずに、自分の記憶だけで描いてみるのも
良いですね。そうすることで、オリジナルなものが仕上がるかも知れません。








『 絵が上手になるには?その① 』

(2015年2月13日(金) 11:28)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

オリジナル絵本を作りたい方必見!多摩美大卒業後、ロンドンに留学経験

絵本・イラストレーション教室
すず木えり (イラスト)

梅田/大阪・天王寺・難波・矢田・本町・心斎橋・喜連瓜破

ブログ記事 ページ先頭へ