全国5万人が受講している「サイタ」

イラスト描き方講座・教室

イラスト描き方講座・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事絵画教室イラスト大阪 イラスト上達塾 スクールブログ どんな道具が必...

どんな道具が必要?

イラストを描くのに最低限必要なものは
紙と鉛筆です。
あとは表現したいと思う心です!



…なーんてそんな簡単なことだけでみんな楽しくお絵描きして済むなら私ら必要ないですよね!w
心は大事だし必須なのには間違いないですけども。

最近は紙とペンがなくても
パソコンだけでお絵描きができるようになっていたりして、
それを便利とするか不便とするかは微妙なところですが
まぁ準備するのにお金とか置き場所とかいろいろと大変かもしれません。

紙に描く場合でも、ただ単にシャーペンや鉛筆でイラストを描くより
色をつけたりすると自分のイメージに近づくような絵が描きやすいかもしれません。

線も鉛筆で描いたあと、マジックやインクのペンなんかで清書したりすると
絵がすっきりしたきれいなものに見違えたりもします!

文房具屋さんや画材屋さんで売っている
「ミリペン」と呼ばれるペンをご存知でしょうか?
もともとは図面を作成する製図用などに使われるもので
ペンの太さがミリ単位で取り揃えられており、自分の好みの太さを選んでお絵描きできます。

ものによってはインクが水性であったり耐水性のものがあったりします。
耐水性とは、描いた直後は水性ですが、乾くと水に溶けないインクですので
描いたあと絵の具などで色を塗っても線がにじんだりしないようになっていて便利です!

そのほかにもマンガを描くのに一般的に有名なつけペンですとか、いろいろな画材がありますけど、みなさんも自分にあった画材をさがしてみてはいかがでしょう?

 

(2015年2月2日(月) 19:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

漫画家としてデビュー後、専門学校で講師経験も。現役プロとして活躍中

イラスト上達塾
豊川樹 (イラスト)

梅田/大阪・難波・中崎町

ブログ記事 ページ先頭へ