全国5万人が受講している「サイタ」

イラスト描き方講座・教室

イラスト描き方講座・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事絵画教室イラスト大阪 絵本・イラストレーション教室 スクールブログ 『 視線誘導(...

『 視線誘導(しせんゆうどう) その② 』

前回、私のイラストで『 視線誘導 』について触れましたが、もっと分りやすい図で説明しましょう。

そもそも、『 視線誘導 』とは何なのか?

つまり、

『 見せたい対象物に視線を持っていかせること 』です。

では、下の絵を見てみましょう。

A と B では、どちらが見やすいでしょうか?

A ではないかと思います。

まず、見せたい家に向かって道路が延びていますね。

次に、家の煙突から満月に向かって鳥が飛んでいます。

最初に視線は家に向けられ、次に月へ向かうと思います。

逆に、B の絵はどうでしょうか。

何だかバラバラな印象を受けませんか?

道路が家と逆方向に向かっていたり、月が変な位置で切れていたり、

鳥が家と重なって、はっきりしませんね。

このように、「 見せたい対象物の方向に上手く流れを作ることを『 視線誘導 』」

と言います。

✻ イラストとは、構図も含め「 全てが計算されて表現されていること 」だと言えます。

難しいですね。

この視線誘導も、作者の意図に観る側を引き寄せる計算の一つと言えますね。

イラストを描くときに是非、意識してみてください。










『 視線誘導(しせんゆうどう) その② 』

(2015年1月17日(土) 6:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

オリジナル絵本を作りたい方必見!多摩美大卒業後、ロンドンに留学経験

絵本・イラストレーション教室
すず木えり (イラスト)

梅田/大阪・天王寺・難波・矢田・難波・本町・心斎橋・喜連瓜破

ブログ記事 ページ先頭へ