サイタ趣味の習い事絵画教室イラスト大阪 絵本・イラストレーション教室 スクールブログ 『 身近な画材...

『 身近な画材で描いてみよう 』

イギリス人の友達が贈ってくれた置物なんですが、これをボールペンと鉛筆だけで
スケッチしてみました。

上手に描く必要はありませんから、こんな感じで手近にあるものを時間をかけずに、
ささっと描いてみると、絵を描くことに少しずつ慣れていきますよ。
鞄に入るサイズの小さなスケッチブックとボールペンを持ち歩いて、
気が向いたら描く習慣をつけると良いですね。

写真の置物は、手のひらに収まる、ごく小さなサイズのものです。
キノコのようにも見えますね。

でも実は、コーンウォールのMorvah(モーヴァー)という場所にあるドルメン、
"Chun Quoit"(テューン・クォイト)がベースになっているのだそうです。
私の大好きな古代の支石墓の一つで、とてもロマンを感じます。

友達は日本の伝統工芸である、「石見根付」に魅せられて、遥か遠く、
コーンウォールの地で根付師として、作品を作り続けています。

素材は、鹿が落とした角で作られていて、仕上げにお歯黒を塗っているのだそうです。
お歯黒を塗ることで、古代のコーンウォールの古い石のイメージに近づけることが
できるのだとか。
お香の香りもしました。
これはサンダルウッド(白檀材・びゃくだんざい)の香りなのだそうです。
お歯黒は無香なので、箱の中にこの香りを閉じ込めて、その中にこの置物を入れて
香りを付けるのだそうです。


ボールペンはとても描きやすいです。
石膏像を買うとか、そんな立派なものではなくて、
お菓子を買ったついでにチョコレートを一粒描いてみるとか、
そんな感じで良いと思います。

「これ描きたい!」と思うものを丁寧に描いてあげても良いですし、
気に入らなければ、途中で止めてもよし。気楽に描いてみましょう。








『 身近な画材で描いてみよう 』『 身近な画材で描いてみよう 』『 身近な画材で描いてみよう 』

(2015年1月15日(木) 18:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

オリジナル絵本を作りたい方必見!多摩美大卒業後、ロンドンに留学経験

新着記事

Word PressでH.Pを作成しています。 使い勝手が分ってきて、やっと意図したように見せられるようになりました。 作品が多いので、時間のある時に少しずつ載せています。 完成まで、もう少しかかりそうです。 以前はFC2のブログだけを使っていましたが、ログインしな...

GWも後半になりましたね。 この期間に仕事の準備やゆるく仕事をしています。 今はH.Pの作成と、イタリアボローニャ国際絵本原画展に出品する作品の 手直しをしています。 H.Pは、Word Press を立ち上げたのですが、 公開できるまでもう少しかかりそうです。 ...

年始に風邪を引いたばかりで、やっと治ったと思ったら、 また悪性の風邪をうつされてしまい、やることが沢山あるのに、 朝活で試験勉強とエスキースを数時間やったあと、 体調が悪くなったので、昨日は、ほぼ一日、寝ておりました。 この時期は特に、空気が乾燥して風邪を引きやすいので、 皆さま...

観に行きたいと思っています。 ターナーは昨年、ロンドンのテート・ブリテンへ ラファエル前派の作品を観に行った時に、じっくり鑑賞してきました。 日本だと長蛇の列になるかも知れませんが、ご一緒される方、おられますか? http://www.bunpaku.or.jp/exhi_sp...

昨日、無事にチケットを取りました。 ロンドン ヒースロー 今年もまた行ってきます!( 感謝!) 仕事や資格試験、創作の間にボチボチ準備はじめます。^^)

ブログ記事 ページ先頭へ