全国5万人が受講している「サイタ」

イラスト描き方講座・教室

イラスト描き方講座・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事絵画教室イラスト大阪 絵本・イラストレーション教室 スクールブログ 『 構図の見せ...

『 構図の見せ方 』

こんにちは!

イラストレーションを描く上で、インパクトの強い、はっとする見せ方をすることは、
とても大切です。
そして、最も悩む段階でもあります。
しかし、これを煮詰めないと、いくら技術面にこだわったとしても、印象に残る面白い
作品として、相手に瞬時に訴えることは出来ません。
これは、講師自身が常日頃、言い聞かせている事ですが....笑

しかし逆に言えば、技術力が未熟であっても、見せ方を工夫すれば、印象に残る
素晴らしい作品になると思います。

さて、これはまだ未完成のまま、しばらく放置している作品なんですが....
過程をお見せするのも良いかなと思います。

画面左は最初の頃のアイデアです。
中央は構図を変えたものです。

実は、一昨年の午年の年賀状のために描き始めたものなのですが、
描いている内にアイデアが変わって、(どんだけ時間がかかってるんだか;)
最終的には中央の馬が『 霊体ミミズ 』のようなものに変化しました。笑

参考にしたものは、イギリス・ウィルトシャー州の『 アフィントンの白馬の地上絵 』
(※ google 画像より借用)や英国の巨匠、ターナーの作品などです。
真っ白な馬が天空を駆ける様子は、午年の新年に年賀状として送るには縁起が
良さそうです。

作品を作る上で、何も参考にしないで自分の頭の中のイメージだけで作り上げても
良いですが、たくさんの参考資料からアイデアを膨らませることも大切です。

10、20代の頃は一切、そういったものは参考にしないで、自分の頭の中で浮かんだ
アイデアこそがオリジナルなんだと思い込んでいましたが、参考にしたものを、
そのままコピーするのではなく、そこから閃きを得て自分のものにします。

さて、『 視線誘導 』(『 視線誘導(しせんゆうどう) その② 』を参照)に付いてですが、
まず手前の巨大な白い生き物が遠くの彼方の空へ溶け込んでいく様子をS字型の
ラインで見せて、画面に大きな流れを組んでいます。

このアングル(構図)で立体的に見せることによって、立体感やスケール感を出そうと
しています。
奥に行くに従って、もう少し空気に溶け込んでいく感じに仕上げたいと思います。

まずは一瞬で目に入っていく表現があり、そこから隅々に視線が行くような遊びを入れます。
完成まで、もう少し手を加える予定です。

ひたすら細かく描いて、全体を一瞬で見せる構図もありますし、
シンプルに一つの形をダイナミックに見せる方法もあります。

絵本では、島田 ゆかさんの『 バムとケロ 』 シリーズのように、一枚の絵の中に
たくさんの情報を入れて、発見して楽しむ描き方をしているイラストもありますね。

見せ方(演出)は作者の狙いや意図を伝えるために、必要な技です。
海外ドラマや映画も、見せ方の良い参考例になります。
下描きの際に、思い出してみると良いですね。

レッスンでは『 構図の見せ方 』や『 視線誘導 』についても、アドバイスします。






『 構図の見せ方 』『 構図の見せ方 』『 構図の見せ方 』

(2015年1月15日(木) 13:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

オリジナル絵本を作りたい方必見!多摩美大卒業後、ロンドンに留学経験

絵本・イラストレーション教室
すず木えり (イラスト)

梅田/大阪・天王寺・難波・矢田・本町・心斎橋・喜連瓜破

ブログ記事 ページ先頭へ