全国5万人が受講している「サイタ」

HTML/CSS入門講座

HTML/CSS入門講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールHTML/CSS入門講座東京 サムエル・実践HTML&CSS講座 スクールブログ WEBデザイナ...

WEBデザイナーとして独立すると…

WEBデザイナーというとどんなことをするんだろう?

WEBデザイナーを目指している方は、具体的にどんな仕事をするのか、とても興味があると思います。

デザイナーという言葉があるので、デザインをすることは誰にでも分かると思いますが、WEBデザイナーとして独立する為には、様々な知識が必用になります。

デザインだけではなく、HTMLやCSSは勿論、SEO対策の基本やプログラム関連のおおまかな知識。

その上、お客様と直接やり取りをするので、コミュニケーション能力も必用となります。

何より、時間管理(スケジューリング)は重要です。
いついつまでに、このようなものを作って欲しい。という要望がお客様からありますが、色々な案件を抱えている訳ですから、それらの作業の時間配分や、自分がどの位のペースで作業を進めることができるか。
そういった総合的な判断でスケジューリングをし、遅くても何日後までにはできます。という作業日程を提示しなくては、お客様も不安になってしまいます。

ところが、大体1ヶ月程度で終わるだろうと目星をつけてスケジューリングしていても、お客様が「検討するので少し待って欲しい」というご要望をいただいてから、半年も作業がストップしていまったケースもあります。

いつ連絡が来ても作業できる余裕は残しつつ、他の案件もスケジューリングするということもたま~にあります。

自分で何時から何時まで、としっかり仕事時間を決めておかないと、家庭に影響してしまうこともあります。

急ぎだという案件が重なり、夕食後子供達が寝てから残った作業をしていて、気がつけば朝になっていたなんてことも…。

その代わり、学校の保護者会やPTAの集まりがあっても、自分で作業時間のやりくりをして、そちらに参加することもできます。

WEBデザイナーとして独立すると、メリット、デメリットはありますが、デザインスキルだけではなく、様々な知識が必用になりますし、新しいツール(ツイッターやFacebookなど)の情報収集も必用で、日々の勉強も欠かせません。

いきなりWEBデザイナーとして独立!を目指すのも良いですが、まずはどこかの製作会社へアルバイトでも良いので入り込み、そこで自分のスキルアップをすることが一番の近道ではないかと思います。

ところが、製作会社というのは、募集する人材は比較的20代が多く、ちょっと年齢いってると、なかなか厳しい状況もあります。

実際面接や募集に応募すると、必ず「実績を教えてください」と言われてしまいます。
私の場合、実績がないから、その実績を作るために仕事をしたいのに…。
という「卵とニワトリどっちが先か」な状態でしたが、自分で出来得る限り多くのパターンの製作サンプルを作っておくと、実務としての実績が無くても、納得してもらえることが多いようです。

WEBデザイナーとして独立するには、色々な壁があるとは思いますが、お客様とやりとりしますので、信頼関係を築くことも大切です。

言った期限は守る。お客様の要望はできる限り聞き入れ、その上でもっと良い方法があるならばご提案を行ない、検討してもらう。

デザイン力も大切ですが、「頼んで良かった」と思ってもらえるよう、誠意をもって対応するデザイナーを目指してください。

 

(2011年8月17日(水) 10:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

米滞在13年、帰国後デザインコンサルティング会社勤務も!現地のスキルを

サムエル・実践HTML&CSS講座
佐藤智代 (HTML/CSS)

品川・川崎・大崎・浜松町・田町・蒲田・羽田空港

ブログ記事 ページ先頭へ