全国5万人が受講している「サイタ」

HTML/CSS入門講座

HTML/CSS入門講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールHTML/CSS入門講座東京 サムエル・実践HTML&CSS講座 スクールブログ MacとWin...

MacとWindowsとスタイルシート

以前はブラウザによって見え方の違うスタイルシートが大嫌いで、テーブルタグの入れ子地獄でタグを組んでいた時期もありました。

時代とともに、XHTMLが主流となり、もはやスタイルシート嫌い!とか言ってられない状態になり、渋々使うようにはなったものの、やはりブラウザやOS、マシンの違いで見え方の違うスタイルシートは、便利なんだけど、以外な落とし穴があったりして厄介です。

Macでデザインし、Macで構築するので、当然最初のブラウザチェックはMacでやります。

よしよし。綺麗にできたぞー♪

と思って、Windowsでのブラウザチェックになると…。

なんですかこのビミョーなズレ!!!

ナカテン「・」やスペースは、全角は全角、半角は半角でキッチリ表示してくれるMacに対し、Windowsは半角になってしまう。

何故そこでいらん世話を…。
おかげで文頭がズレてるって!!
色濃いっ!

とはいえ、絶対的ユーザー数の多さは間違いなくWindowsなので、スタイルシートやHTMLは、Windowsを基本にしています。

そんな見え方の違いさえ目をつぶれば、実は結構使えるヤツ。
修正する時、HTMLファイル全部修正しなくても、CSSファイル修正するだけで、結構スッキリしちゃうことも。
特に私の場合、一番役に立っているのがサイドメニューや上部のグローバルメニューの修正。

「ここ、項目増やしてください」という修正依頼でも、ファイル1つ1つ直さなくても良い。

うん。上手く使えば、いいヤツじゃん。
今では当たり前に使っています。

 

(2011年7月13日(水) 2:49)

次の記事

この記事を書いたコーチ

米滞在13年、帰国後デザインコンサルティング会社勤務も!現地のスキルを

サムエル・実践HTML&CSS講座
佐藤智代 (HTML/CSS)

品川・川崎・大崎・浜松町・田町・蒲田・羽田空港

ブログ記事 ページ先頭へ