サイタ音楽教室ホルン教室東京 ホルンスクール白 レッスンノート

ホルンスクール白レッスンノート(4ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

コンクールに向けて
・ブレスアタック できるだけ息の圧力に差をつけましょう。 息の圧力が上がった時に音がひっくり返ったりしないよう気をつけてください。 息の入れ方などまずはゆっくりからしっかり確認しそこからリ...
体験レッスン
・基礎練習 ロングトーン リップスラー タンギング ノータンギング ロングトーンの練習を行う際、たっぷり息を楽器に吹き込むよう意識してください。 今よりもさらにいい音、響きのあ...
リップスラー
・リップスラー 上の音が安定しなけったり上がりきれない場合、その音を出すためのアパチュアになっていない場合があります。 息の流れはスピード感、太さを変化させると同時その音を出すためのア...
曲練習
・コンクール曲 ソロはまず、フレーズを意識しましょう。すべての音が全く同じでは抑揚がなくつまらないソロになってしまいます。 フレーズの中でどの音を1番聞かせるか、どこに山を持っていくか...
体験レッスン
・基礎練習 ロングトーン リップスラー ノータンギング タンギング 音階 ロングトーンは音を先につなげるイメージで吹きましょう。 その為には息が止まってしまわないよう気をつけ...
体験レッスン
・基礎練習 ロングトーン リップスラー ノータンギング 分散和音 音階 タンギング ロングトーンは先の音に息を向かわせるイメージで吹きましょう。 ひとつひとつの音を正確に、...
体験レッスン
・基礎練習 ロングトーン リップスラー リップトリル ノータンギング まずはじめに、楽器を吹く時にはしっかりブレスをとることを意識してください。 息無くして音はなりません。 ...
基礎練習
・基礎練習 リップスラー 口の変わり目を挟むリップスラーは力みすぎると柔軟性がなくなり音がつながらなくなってしまいます。 リラックスした状態で息の流れがつながるよう意識してください。...
体験レッスン
・基礎練習 ロングトーン リップスラー ノンタンギング ロングトーンの練習やそのほか楽器を吹く際、ブレスをしっかりとることを心がけてください。 現段階でもしっかり音は出ていますが...
体験レッスン
・基礎練習 ロングトーン リップスラー 吹くための基本的な姿勢についてですが、手の入れ方が手のひらで楽器を支えるのではなく手の甲(主に親指人差し指のあたり)で支えるようにしてください...

ホルンスクール白のレッスンノート ・・・計89件

ホルンスクール白 ページ先頭へ