サイタ音楽教室ホルン教室東京 ホルンスクール白 レッスンノート

ホルンスクール白レッスンノート(3ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

アンブシュア修正
音が出なくなった時はあまり細かいことを考えすぎず、しっかり息を吸い楽器にたっぷり息を吹き込むよう意識してください。 これからの練習内容として ノータンギング リップトリル リップス...
リップトリル
・リップトリル 鏡を見ながら練習を行ってください。 音が抜けてしまったり飛んでしまう時はおおよそアパチュアが動きすぎている時です。 アパチュアを動かすより、息の太さをコントロールする...
基礎練習
・リップトリル リップトリルの練習を行う際、しっかり息を入れるよう意識してください。 音を変えることに気を取られ息が入らないと練習として悪循環です。 音が飛んでしまう場合は一度...
柔軟性
低音域の練習について 度々お伝えしておりますが、練習はバランスが大切です。 低音域の練習を行った際は高音域の練習も行ってください。 どちらかに偏ってしまうとその音域に合わせたアンブシ...
アンブシュア
アンブシュアの変更 アンブシュアを変える今までとは口の筋肉の使い方が変わります。 なので、音がドッペルになることがありますが新しいアンブシュアに慣れてくれば無くなるのであまり気にしすぎ...
基礎練習
音階 音階に限りませんが、息はできるだけたっぷり使って練習を行ってください! 1フレーズ毎で息を使いきりしっかりブレスをとる。 細い息で長く吹く練習よりも沢山肺に息を入れ沢山息を使う...
基礎練習
しっかりした音を鳴らすための練習として、普段より息を使った練習を行います。 太く芯のある息を楽器に吹き込みその息のまま音のツボを探します。 しっかりツボにはまれば太く響きのある音になります。...
基礎練習
タンギング ブレスをとり息を流し舌を離し息が流れ唇が振動して音が鳴る。(舌を離す前に息はもう吐いている) この順番が崩れると音が思い通りのタイミングでなりません。 舌を離しても息を吐...
コンクールに向けて
・曲 体力的な問題はすぐにはどうにもなりません。 なので曲が決まった時から3回通しても大丈夫になるように練習して調整していきましょう。 冒頭の刻み、重くならないよう気をつけてく...
基礎練習と曲
・基礎練習 リップスラー 音階 下の音から上の音まで柔軟なアンブシュアでしっかり音を鳴らすためには下の音と上の音が切り離された練習では意味がありません。 リップスラーではうまくいかな...

ホルンスクール白のレッスンノート ・・・計90件

ホルンスクール白 ページ先頭へ