サイタ音楽教室ホルン教室東京 ホルンスクール白 レッスンノート

ホルンスクール白レッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

基礎練習
リップトリル 音が飛んでしまう時は上から下がる練習、指を使う練習を一度挟んでください。 その後もう一度リップトリルの練習に戻ります。 低音域 息は太く下方向(マウスパイプの方向)に...
演奏会に向けて
アルメニアンダスン 変拍子の部分は3.2のノリを覚えると吹きやすくなります スターウォーズ 音源をよく聴いてから練習してください。 各曲ごとの曲調や雰囲気があるのでそれを意識しながら吹き...
基礎練習と極力の練習
低音のタンギング タンギングした時に口周りが動きすぎないように注意してください。 発音したと同時に口周りが動いてしまうと音がブレる原因になります。 発音する前に確実にセッティングを終わらせ...
基礎練習
低音 オクターブ下る練習は下の主音を丁寧に鳴らす意識で吹いてください。 そこまでの過程の音もしっかり鳴らす意識が必要ですが最後の音が確実にしっかり鳴るよう意識してください。 2オクタ...
基礎練習
リップトリル リップトリルはアンブシュアの重心を上の音に置くと吹きやすくなります。 そこから舌で息の太さをコントロールします。 低音から高音までムラなく吹ける柔軟性をつけるために、ど...
基礎練習
低音域 Aから下の支えを気をつけること。 顎の支えが緩むと音がぼけてしまいのでしっかり支えた状態で唇は柔らかくする。 2オクターブの練習は登ったあと下りの初めの上の音が登った勢いのま...
基礎練習
柔軟性 低音の練習を行った際は必ず高音域にも音をつなげる練習を行ってください。 音階で上がるだけでも構いません。 現在、低音を吹き込み鳴らす練習を行っていますので、そのまま練習が終わってし...
基礎練習
リップトリル リップトリルを練習する際は息をしっかり吐くよう心がけてください。 しっかり息を吹き込んだ上で息の流れをコントロールすることに意識を持って行きます。 アパチュアで音を変えるので...
基礎練習
低音練習 息を吹き込んだ際にアパチュアが広がりすぎてしまうと音の輪郭がぼやけてしまいます。 息を吹き込んでも広がらないように口の周りの筋肉でしっかり支えてあげましょう。 下の音を吹く際は息...
アンブシュア修正
音が出なくなった時はあまり細かいことを考えすぎず、しっかり息を吸い楽器にたっぷり息を吹き込むよう意識してください。 これからの練習内容として ノータンギング リップトリル リップス...

ホルンスクール白のレッスンノート ・・・計89件

ホルンスクール白 ページ先頭へ