音楽教室ホルン教室レッスンノート 体験レッスン

体験レッスン

ホルン教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・基礎練習
ロングトーン
F管の練習
リップスラー

・曲

しっかり音が出ていてとても良かったと思います。
ですが出ている音をさらに良く響く良い音にしたいですよね?
その為には今以上に息をたくさん使わなくてはなりません。
管の長い楽器なのでその管全てに息が入りベルの外まで抜けていくイメージで息を流しましょう。
沢山息を吐く為にしっかり吸うことが重要です。
普段から意識しないとたっぷり息を吸うことはできないので楽器を吹くときは常に意識してブレスを取ってください。

ロングトーンなど音を吹くときに自分がなんの音を吹いているのか良く耳を使って聴きましょう。
普段から良く音を行くことで頭の中に全ての音が鳴るようになります。
頭の中に音が鳴るようになると今まで以上に音を正確にイメージし吹くことができます。

いつも使っている基礎教本はとても良い練習なので丸が付いていないものも是非練習してください。
そして譜面に書かれていることだけでなくその譜面をもとに色々な練習を行いましょう。
スタッカートやテヌート、スラーなど。また四分音符を8分や3連や16分で刻んだりするとタンギングの練習にもなります。
F管の自然倍音の練習してですがF管でも0番のみでなく半音階全てできるようにしましょう。
F管だけでなくB♭管でもできますので練習してみてください。

曲ですが、まずは楽譜に書かれている音が何かを確認する為に楽譜に書かれている音を順番に慣らしていきます。
その後確実にできるテンポでリズムもつけて練習します。
この時小さい音で口先て吹くのではなくしっかり音を出しましょう。
そこからテンポを徐々に上げインテンポに近づけます。

細かい音ですが落ち着けば意外と簡単にふけるので焦らず丁寧に吹くイメージで練習してみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

昭和音大のホルン専攻!悩みにじっくり寄り添い、解決に導くレッスン

ホルンスクール白
有竹清香 (ホルン)

横浜・五反田・渋谷・新宿・登戸・立川・北朝霞・東川口・町田・八王子・吉祥寺・三鷹・国...

レッスンノート ページ先頭へ

ホルン情報

サイタのホルン講師がブログを通して、ホルン情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!