サイタ音楽教室ホルン教室 東京 ホルンスクール白 レッスンノート 基礎練習

基礎練習

ホルン教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・基礎練習
半音階
音階(FdurEsdurGdur)
リップスラー
タンギング
ハイトーン

音階を練習する際必ず何に何の調号がついているか確認してから吹き始めましょう。
音階も半音階もですが基音からだけではなくその調性のまま別の音からもできるようにしておきましょう。

リップスラーを練習する際は頭の中でしっかり音をイメージしてから吹きましょう。
指を使わず音を変えなければいけないのでしっかり息を入れ練習を行ってください。

タンギングは色々な長さの練習をしましょう。
まずは1音だけを決めた長さで吹きます。
それが自分の決めていた、イメージしていた長さで吹けなくては連続して吹いても出来ません。
ですのでまずは1音だけから練習しそれが安定してから連続で音を並べましょう。

ハイトーンを吹くときに喉に力が入ってしまうのを感じたら音を出さずにその音を出すイメージで息だけを入れてみてください。
このときにまだ喉に力が入ってしまうようでしたら楽器を置き深呼吸をしましょう。
新着レッスンノート

この度は体験レッスンお疲れ様でした! 大変お待たせ致しましたが下記は体験レッスンの内容です。 ロングトーン 吹き始めのウォーミングアップで行う際はしっかり息を吸いたっぷり息を吐きましょう。 伸ばしている音のピッチも同時に意識したいのでチューナーを見ながら練習を行ってください...

先日の体験レッスンとご入会、ありがとうございます! 遅くなってしまい申し訳ございませんが先日のレッスンノートです。 リップトリル 口の周りの筋肉を付け音を安定させる練習です。 最初は音を均等に吹くのが大変だと思いますので、まずはゆっくりから練習しましょう。 顎はしっかりと...

基礎練習 まだ楽器が変わって間もないので、まずは楽器のチューニングを行うことと新しい楽器に慣れる練習を行いましょう。 最初のウォーミングアップではロングトーンの練習を行いながら楽器のチューニングを合わせていきます。 チューナーを確認しながらピッチが高い場合は管を抜きます。低い場合は入れま...

調子が悪いなと感じる時はとにかくしっかり息を入れて音を鳴らす練習から始めましょう。 調子が悪いとどうしても息が引っ込んでしまいます。息が入らなければ当然唇も振動しません。 音が成りにくい、調子が悪い時は多くのことを考えずしっかりブレスを取り楽器に息を吹き込むようにしましょう。 調子...

跳躍は声楽で高い声を出す時のようなイメージで吹きましょう。 下から目指すのではなく上から置いてあげるイメージです。 間の音が切れてしまう時は息が抜けているので息を抜かずにスピードを上げて吹き込みましょう。 曲 テンポ、ダイナミックスに気を付けながら自分のものにできるようこれからも...

レッスンノート ページ先頭へ

ホルン情報

サイタのホルン講師がブログを通して、ホルン情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!