音楽教室ホルン教室レッスンノート ~イメージ先行で~

~イメージ先行で~

ホルン教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れ様でした!

【基礎】
・マウスピース
ドレミレド
頭(首)に下向きの力が加わると、疲れてしまうので、どちらかというと上(前)向きをイメージしてみてください。

高音~低音
音域によって距離感が変わりすぎないよう、意識してみてください。

・ロングトーン(cresc.)
cresc.したときに、音が上に外れるのを防ぐため、息(の量や速度)を増やした分、口を開いてバランスをとってみてください。

・リップスラー
ドミソミド
イメージが先行(吹く前の準備を)して、それを辿るように音を鳴らすと、スムーズに響きやすいです。
今回やったように、右手を使って練習してみてください。

【曲】
・ご持参いただいたデュオ曲集
タンギングをしっかり目にして、外してもいいや、鳴らなくても次のフレーズから入ればいいや、くらいの 気持ちで吹いたほうが、バテているときは良いかもしれません♪
そしたらいつの間にかスタミナもついて、通して吹けるようになります!
技術的に難しいところはゆっくりさらっていただく必要もありますが・・・
このレッスンノートを書いたコーチ

大阪音大卒!クラシック~ポップス編曲までこなす先生が、明るくレッスン

ハルモニー・ほるん講座
横田祥 (ホルン)

梅田/大阪・西宮(JR)・京橋・弁天町・難波・近鉄日本橋・中津・十三・西宮北口・豊中...

レッスンノート ページ先頭へ

ホルン情報

サイタのホルン講師がブログを通して、ホルン情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!