サイタ音楽教室ホルン教室大阪 ハルモニー・ほるん講座 スクールブログ あの空の向こう...

あの空の向こうに届け・・・

吹奏楽部は「ブラック部活」だ
とかなんとか言われているそうです。

年がら年中練習していて
顧問の先生はお休み返上で
いつもお付きあいいただき
確かにブラックかもしれません。


でも
彼ら彼女らの顔を見ていると
ブラックなどではなく
ホワイトな、否、それ以上の
ゴールドに輝く部活だと感じます。


そんな彼ら彼女らの輝きに
気づけないような大人の心が
ブラックなのではないか
と、思います。


だって、
舞台に乗っているメンバー
袖で両手を重ねて真剣に見守っているメンバー
客席で祈るように見つめてくれる先輩や保護者の方々
遠くから願ってくれている全ての方々
いつも近くで見てくれている顧問の先生方、講師の先生方
クラスの友達
他にもいっっっぱい、こんなにも沢山の愛に包まれているのですから。


色とりどりに、色鮮やかに輝く彼ら彼女らの活動を、ブラックなどという単色でつまらないもので塗り潰さないでほしい。


吹奏楽コンクール、どこの学校も
嬉し涙、悔し涙、様々な想いが
生まれたことと思います。
でもきっと
何年か後、振り返ってみたら
どちらの涙もキラキラ輝く
想い出になってるのでは
ないでしょうか。


次のステージに進めた子たちは
同じ会場で悔し涙を流した子たちの
想いを背負って
その子たちに胸をはって
その子たちが聴いても感動できるような演奏をしてもらいたいな、
そう思います。

演奏だけでなく、普段の姿勢も
恥じないように輝く人に
なってほしい。


人と人とがつくるモノ
キラキラさせないとね。



コンクールの演奏、思わず涙がこぼれました。

 

(2016年8月4日(木) 16:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大阪音大卒!クラシック~ポップス編曲までこなす先生が、明るくレッスン

新着記事

隠すこと 隠さないこと どちらも愛なんだ 早く動いてほしい時間 だけど止まってほしい時間 戻すことのできない時間 風に乗って届く音 風が運んだ僕の音 雲に隠れて泣く雨も 研ぎ澄まされた足音も 冷たい太陽 暖かい月 耳を掠める痛い風 頬を撫でる一筋の海 儚く霞...

2016年の締めくくりに Twitter始めてみました 演奏会の宣伝など 活用できたらと 思っています。 お気軽にフォロー いただけると嬉しいです 2017年もどうぞよろしく お願いいたします。 ↓↓Twitterアカウント↓↓ ...

吹奏楽部は「ブラック部活」だ とかなんとか言われているそうです。 年がら年中練習していて 顧問の先生はお休み返上で いつもお付きあいいただき 確かにブラックかもしれません。 でも 彼ら彼女らの顔を見ていると ブラックなどではなく ホワイトな、否、それ以上の ゴー...

ロングトーン、人によってはただバテるだけの退屈な練習にしかなりえないそうです。 もちろん練習メニューなんて人それぞれ、考え方も人それぞれ。 それでいいと思います。 なので、ここから先はわたくしの個人的な考え方・・・ 否、ただの独り言だと思って聞いてください(笑) ...

2011年にEMANONというアンサンブルグループを立ち上げ、活動して来ました。 EMANONは2014年12月の演奏会をもって活動休止としています。 また集まれるその日を夢見て、今はそれぞれがそれぞれのやるべきことに専念するために。 これは、そんなグループのラストライブ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ホルンレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ