全国5万人が受講している「サイタ」

ホルン教室・レッスン

ホルン教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ホルン教室大阪 ハルモニー・ほるん講座 スクールブログ 小さな発見嬉し...

小さな発見嬉しい気づき

楽器柄、ポピュラー系については全くの無知です。

が、仕事柄そうも言ってられないので、機材などをちょこちょこ地道に調べたりしてます。

と、言ってもちんぷんかんぷんですが(笑)

で、知ったこと。
(常識なのかもしれないけれど……。)

コンセントとプラグの関係。



接続の「向き」があるのだそう。


壁にある差し込み口、一般的には右の穴より左の穴の方が長いらしく、「アース(グランド)」と呼ぶのだそう。


プラグにもグランド側があって、何かしらの印があるらしい。



「だからなんやねん。」



と、思いながらも調べていく。



例えばCDプレイヤー。



音質が変わるらしい。



「え!?」



プラグを接続する方向を変えるだけで音質が変わるらしい。



「ほんまかいな(笑)」



と半信半疑のまま帰って実験。



プラグのグランド側をコンセントのグランドへ接続し、再生。


一旦電源を落とし、今度は逆向きにして再生。


「お?」


もう一度、正しい向き(グランド側をグランドへ)で再生。



結果、ほんまでした(笑)

わずかですがクリアに聴こえました。

思い込みかもしれないけれど(笑)



気になった方はお試しくださいませ(^○^)

※機器、配電、個人差などで「うそやん!」となる場合もございます。予めご了承ください。

その他、コードのたるみ具合や接続位置(複数穴がある場合、どこに差し込むか)などでも変わるそう。。。



「音」にはこだわりたいものです(´`)

 

(2014年6月25日(水) 23:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大阪音大卒!クラシック~ポップス編曲までこなす先生が、明るくレッスン

ハルモニー・ほるん講座
横田祥 (ホルン)

梅田/大阪・西宮(JR)・京橋・弁天町・難波・近鉄日本橋・中津・十三・西宮北口・豊中...

ブログ記事 ページ先頭へ