全国5万人が受講している「サイタ」

ホルン教室・レッスン

ホルン教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ホルン教室大阪 ハルモニー・ほるん講座 スクールブログ 虎。

虎。

ガオー。。。



ヾ(゜▽、゜)ノ



「エキストラ」のことを「トラ」と言います。
業界用語というやつですね。

哺乳綱ネコ目(食肉目)ネコ科ヒョウ属に分類される食肉類ではありません(笑)



先日、とある一般バンドにエキストラとして出演してきました。



その団に所属する友達から、ホルンのメンバーが足りないということで、声をかけていただきました。



団員の方々も温かい方ばかりで、自分もエキストラじゃなく、団員かと錯覚してしまいそうなほど居心地が良かったです(笑)



が、やはりエキストラ。
合奏に入ったら存分に意識を張り巡らさなければなりませんね。



初対面のサウンドに対して、特に何も考えずに吹いてしまうと浮いてしまう。



よくアンサンブルをする者同士なら、「あ、今日はそんな感じでいく感じ?」と、音同士も自然と寄り添い、溶け合うのですが、、、



団によって違う、特有のサウンド感がありますからね。
(無理矢理言葉にしてしまうなら……
音色感や音程感、その背景にある気持ち、etc.と言ったところでしょうか。)



練習の回数を重ねる毎に、そのサウンド感に馴染んでいく、馴染んでくる感覚、気持ちが良いものです



人同士が作るモノ、キラキラさせるのを忘れちゃいけませんね
改めて感じました\(^^)/

 

(2013年10月21日(月) 9:08)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大阪音大卒!クラシック~ポップス編曲までこなす先生が、明るくレッスン

ハルモニー・ほるん講座
横田祥 (ホルン)

梅田/大阪・西宮(JR)・京橋・弁天町・難波・近鉄日本橋・中津・十三・西宮北口・豊中...

ブログ記事 ページ先頭へ