全国7万人が受講している「サイタ」

ホルン教室・レッスンを個人レッスンで探す

ホルン教室・レッスンを選ぶ

ホルン初心者も安心!
日時を選べる個人レッスンです

あなたにピッタリのホルン教室を見つけることが出来ます。

サイタ音楽教室ホルン教室

都道府県・人気エリアから探す

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられる都道府県・エリア一覧です。

はじめて受講される方へ

サイタおすすめの理由

  • 気楽に思いっきり楽しめる!

    気楽に思いっきり楽しめる!

    曜日や時間だけでなく、レッスンの頻度も自分で決められるので無理なく好きなだけレッスンが受けられます。

  • 近場で無理なく続けられる!

    近場で無理なく続けられる!

    全国でコーチを選択可能なので、最寄駅や会社の近くなど自分の都合の良い場所でレッスン可能です。

  • 好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    マンツーマンレッスンなのでコーチが要望に合わせてやりたいことやできるようになりたいことに集中した内容にカスタマイズできます。

レッスン料金

60分あたり4,300円〜

シンプルな料金設定だから、わかりやすくて安心!長く続けられる方への割引コースもあります!

別途、レッスン毎に貸し音楽スタジオまたはドリンク代を含むカラオケボックス使用料(1,000~2,500円)をお支払いいただきます。

※サイタに初めてご入会の方は、入会金8,000円をいただいております。

ホルン教室の無料体験レッスンについて

サイタのホルン教室ではコーチとの相性を感じていただくために60分間のレッスンを0円でお試し受講いただいています。
もしホルン教室無料体験で受講したレッスンがご満足いただけなかった場合、他のコーチで無料体験をもう一度受講していただくことが可能です。ピッタリなコーチが見つかった時にご入会いただけます。

ホルン教室の無料体験レッスン内容例

14:00
コーチと待ち合わせ
14:05
機材の説明やレッスンの説明
14:15
基礎的なテクニック調整
14:20
実際にホルンを実践してみる
14:55
今後のスケジュールを相談

無料体験レッスン受講までの流れ

1

3分でカンタンお申し込み

無料体験レッスンお申し込みフォームから必要事項を入力し、お申し込みください。

2

メールで日時のご確認

ご希望の日時をメールでご確認ください。

3

コーチと待ち合わせ

事前にご希望いただいた場所で、講師がお待ちしております。

ホルン教室・レッスンの人気講師

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられるホルン教室・レッスンの講師一覧です。

約20時間前更新
小川祥子さん

小川祥子さん

ジャンル

ホルン

主なレッスン会場

天王寺

松原克也さん

松原克也さん

ジャンル

ホルン

主なレッスン会場

池袋

ホルン教室 体験レッスンの感想コメント

ホルン教室のレッスンを体験した方の声をご紹介

7月21日(木) 12:45 更新

50代男性

全文を読む

レッスンが終わってレッスンノートを書いていただきました。弱点や克服するための課題を詳しく説明してくださるので励みになります。学生時代は伸び悩みで諦めていた音色や、タンギング、スタミナの問題も、レッスンのお陰でクリア出来るような気がして毎日練習しています。楽器に対してこんなに真摯な気持ちになったのは初めてです。

60代男性

全文を読む

素晴らしいレッスンでした。問題や課題解決ステップへの分かりやすい説明は、自分が忘れていた点や新しい気づきをもたらしてくれました。何より、あきらめていた気持ちが前向きにもう1回チャレンジしてみようかなと帰りに思いました。今後も続けますのでよろしくお願いいたします。(65歳の年寄りの冷や水より)

10代女性

全文を読む

体験レッスンで、息の吸い方や姿勢などを学びました。自分では気がつかなかった点を教えてもらい改善すると、少し音色が変わったので、ビックリしました。これからの練習で実行したいです。 とても楽しくて、効果のあるレッスンになりました。ありがとうございました。

新着レッスンノート

ホルン教室のレッスン記録ノートの一部をご紹介します!

8月1日

コンクール前の最後のレッスンでした!コンクール前の最後のレッスンでした!

前回までに指摘してきたことが改善されているのを感じました! とはいえ、速いテンポでの練習で音を間違ったまま吹くのが定着してしまっている感じを受けましたので、もう一度ゆっくり吹いてもらって音を確認する作業を何回かやりました。 もう少しコンクールまで時間があれば、少しずつテンポを速くしていって癖を直したかったですが、これから練習する曲も、最初から指定テンポで練習してしまうのではなく(時にはその練習からやった方が近道の場合もありますが)音の並びを確かめて、音の流れを歌えるようになってから、自分の体に感覚として入ってから、少しずつテンポを速くしていって練習すると良いと思います。 メロデ...

7月25日

マウスピースの練習~基礎練習~曲練習マウスピースの練習~基礎練習~曲練習

今回のレッスンでは基礎練習から始めようかと思いましたが、少し吹きにくそうだったのでマウスピース練習から行いました。 きちんと音程を変えることが出来ていてとても良かったのですが、たまに音程があやふやになってしまうことがありました。 ピアノ等を使って確認しながらやると自分の体に音程の感覚が入っていくので、楽器で吹いたときにも音程が良くなりますよ。 引き続き息をしっかり吸うこと、息をしっかり楽器に入れること、お腹でしっかり支えることを意識していきましょう!

7月18日

前回に引き続き基礎練習とガルーダの翼をやりました。前回に引き続き基礎練習とガルーダの翼をやりました。

今回のレッスンでは、吹奏楽部用に作られたエチュードを最初にやってみました。 初見での練習ということもあって、運指があやふやな所がありましたね。 色んな音階の練習をやる事で運指は確実に頭に入っていきますので、毎日の練習に取り入れてみてください。 また、今回やったエチュードは短調だったので、普段の練習ではあまり触れていないんじゃないかなと思います。 長調の感じ、短調の感じは実際に吹いてみないと中々実感しづらいところがありますので、少しずつ音程感をつかんでいければいいですね。

7月8日

基礎練習と曲練習基礎練習と曲練習

今回のレッスンでは最初の1時間を基礎的な練習の時間に、後半の1時間を曲の練習にしました。 ロングトーンでは、普段ゆっくり息を吸うのに慣れているせいか、最後まで息がもたない場面がありましたね。 お腹の支えをしっかり意識することと、楽器に沢山息を入れて沢山響かせるようなイメージでやると良いと思います。 リップスラーでは、普段使い慣れていないF管を使いました。管の長さが長くなるので普段使っているB♭管とは少し息の使い方が変わってくるかもしれません。 F管が豊かに鳴らせるようになればB♭管も吹きやすくなると思いますので、ぜひF管もたくさん使ってみてください。

ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる