全国5万人が受講している「サイタ」

ホームページ作成・作り方講座

ホームページ作成・作り方講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールホームページ作成講座神奈川 ホームページ・ビギナーズ スクールブログ 数十年変わらな...

数十年変わらない基礎から始めます。

昔々のコンピュータは画面が黒くて文字が白、マウスがなくてテープレコードが記録装置でした。その時から変わっていない、というくらい「基礎」は基礎の基礎です。例えば下記のような感じです。

コンピュータは「0」と「1」で表される2通りの数字が、存在する情報のすべてです。文字も、写真のような鮮やかな画像も「0」と「1」でできています。

なんとなくわかりますでしょうか? 講座では丸い「ビットカード」なるものを用意してみました。これを手に持って質問に答えていただきます。

例)Q:あなたの家族に犬はいますか?

この知識は、実のところ知らなくてもコンピュータを使えるし、ホームページを作れます。でも知っていると、コンピュータがしていることを理解できるようになります。ホームページで使う道具(HTML)にはバージョンがあって、最新は5ですが、しばらくすればこれも古くなってしまいます。色々なことができるようになる分、複雑化していくと思いますが、基礎の上に積み重なっている技術です。理解の助けになると思います。

基礎を学ぶ利点はもう一つあります。

ホームページの技術は、インターネットで情報を公開するだけでなく、色々な環境 (パソコンでもスマートフォンでも) で利用できるデジタル情報を作ることができるものです。大抵、1つのアプリケーションで作ったファイルは、別のアプリケーションでは開くことができません。新しいパソコンを新調したとたん、今まで作ったファイルが開けなくてゴミになってしまう、ということもあります。でもホームページ形式のファイルは違います。もちろん表示するアプリケーションが必要になりますが、これを搭載しているコンピュータはとても幅が広いのです。

ホームページの技術を、ただページを作るだけのものとせず、コンピュータ技術の一環として学ぶことで、コンピュータで作った情報をどう扱えば良いかを考えることができるようになるのではないかと思っています。

 

(2015年1月27日(火) 22:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

モノ作りが大好きな先生!知識を実践をバランスよく、初心者も大歓迎

ブログ記事 ページ先頭へ