全国5万人が受講している「サイタ」

ホームページ作成・作り方講座

ホームページ作成・作り方講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールホームページ作成講座東京 YCS Creative School スクールブログ ホームページっ...

ホームページっていったいなんでしょう?

はてさて、こちらでホームページ作成を学んでいる方は、

・将来、WEB制作に携わりたい
・現時点で制作に携わっているて、スキルを上げたい
・会社でWEB制作や自社ホームページの更新の担当になっている

といった方が多いのでは? と思いますが、さて、そんなみなさんが作ることになるホームページっていったいなんでしょう?

答えはイロイロあると思いますが、ホームページ作りを学ぼうとしている、学んでいる人に、まずは、知っておいて欲しい答えがあります。

それは「ホームページは『商品』です。」ということ。

スクールではよく、最終課題として「作品」を作って下さい、といったことが言われますが、私は言いません。

ホームページはいかなる場合でも、ホームページのオーナーのものです。
制作者の所有物ではありません。オーナーが発信したい情報を、よりわかりやすく、情報にあったスタイルにまとめ上げるのが制作者のお仕事。そのホームページにとって、「最適」なレイアウトは? 配色は? スタイルは? 機能は? を考え提案し、提供することが仕事になります。

つまり、オーナーがホームページに求める目的を達成させるために制作をします。
オーナーが企業であれば、売上をあげること。具体的なサービスを提供しているのであれば、利用者を増やすこと。それらを達成することができないホームページは用をなしません。

当然、オーナーさん達はその目的を達成するために、常に考えていますので、自分のお客さんの傾向や趣向を研究されていますが、その結果を元に、自らを表現する手法を知りません。そこで、オーナーさんの意図を理解し、よりよい形で表現するお手伝いをするのがホームページ制作者です。

ホームページはオーナーさんの商品の延長にあります。
だからこそ、「ホームページは『商品』」ということを、まずは知って欲しいのです。

こうした方がキレイだと思うのに(この人センス悪い)…。
この機能は今の流行なのに(ちょっと作ってみたい)…。
こんな個人的な主観は必要ありません。

こうした方が、〜なので、〜な効果がありますので、オススメです。
この機能があれば、〜なので、より利便性が高くなります。
〜はオーナーさんの目的につながるかどうかを検討して提案し、制作する。

ホームページ制作者は作品をつくって売るアーティストではありません。
生真面目で、ちょっと臆病な人を、ちょっとオシャレに見せるスタイリストです。

考え方の一つとして、知っておいてもらえれば幸い。

 

(2013年12月3日(火) 18:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

企業サイト制作ほか、アートディレクター職も。デザインを交えた相談も歓迎

YCS Creative School
加藤資寿 (ホームページ作成)

秋葉原・浅草橋・錦糸町・亀戸

ブログ記事 ページ先頭へ