全国5万人が受講している「サイタ」

ホームページ作成・作り方講座

ホームページ作成・作り方講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールホームページ作成講座東京 東京Webカレッジ 三谷クラス スクールブログ 「ホームページ...

「ホームページが出来るまで」のお話。

こんにちは、東京Webカレッジの三谷です。
本日はブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

さて、今回は「ホームページが出来るまで」のお話をさせていただきます。

プロの制作現場でのお話になるので少し専門的な内容もありますが、ホームページの学習に役立つのではないかと思ってブログにアップしました。何らかの参考になれば幸いです。

前置きが長くなってしまいましたね、では「ホームページが出来るまで」の本題へ。

ホームページが出来るまでには様々な工程があります。
ここでは、ホームページを公開するまでの基本的な流れと、各工程のポイントを説明させていいただきます。

○基本的な制作の流れ

まずは、ホームページが出来るまでの大まかな流れを把握しておきましょう。
ホームページの基本的な制作の流れ(フロー)は、以下のようになります。

企画(プランニング) → 設計 → 開発(デザインとコーディング) → 公開

それぞれの工程は、どのような役割をもっているのでしょうか?
各工程のポイントを、もう少し詳しく見ていきましょう。

○「企画(プランニング)」
ホームページの目的や基本的な考え方(コンセプト)を決めます。
情報の内容(コンテンツ)を検討します。
ホームページ内の構成(サイトマップ)を検討します。

○「設計」
各ページの構成図(ワイヤーフレーム)を設計します。
画面の操作感(ユーザーインターフェース)を検討します。
場合によっては、記事を書きます(ライティング)

○「開発(デザインとコーディング)」
~ここからがWebデザイナーのお仕事です~
各ページのデザインを制作します。(ビジュアルデザイン)
(ロゴマーク制作、イラスト制作、写真撮影など)
HTMLやCSSでWebページを作ります。(コーディング)

HTMLやCSSという言葉を、聞き慣れない方もいるかと思います。
HTML、CSSというのは、ホームページを作るための基本的な言語です。
ご興味のある方は、レッスンを通して詳しく説明させていただきます。

○「公開」
インターネットに公開します。(サーバーアップロード)
公開後に記事や画像を新しくしたり、新しいページを追加したりします。(更新と運用)

以上が各工程のポイントになります。制作現場(プロジェクト)によって多少の違いはありますが、概ね、このようにしてホームページは出来上がります。

小規模なホームページの場合、Webデザイナーだけですべての工程を作り上げることもあります。
ホームページの規模が大きくなると、必要に応じて各分野のプロフェッショナルへ役割分担をしていきます。(ディレクター、デザイナー、コーダー、イラストレーター、マメラマン、ライター、プログラマーなど)

「ホームページが出来るまで」のお話、ご理解いただけたでしょうか?
少し難しいと思った方もいるかも知れませんね。これはあくまでプロの制作現場でのお話です。

そしてホームページを作るのに何よりも大切なのは、あなたの好奇心です。
自分でホームページが作れたら、楽しいと思いませんか?

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。


「東京Webカレッジ」では、無料体験レッスンを随時受け付けています。

はじめての方でも安心の個別指導。
駅前のカフェで、リラックスして学べます。
知りたいことを、知りたいところから、自分のペースで学べます。
あなたのわからないところから、ゆっくり、じっくり、楽しく学べます。
わかるまで、できるまで繰り返し学べます。

無料体験レッスンのお申し込みはこちらから。

「ホームページが出来るまで」のお話。「ホームページが出来るまで」のお話。「ホームページが出来るまで」のお話。

(2013年10月8日(火) 8:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

国内最大のポータルサイト運営会社にて実績多数!リラックスして学べます

ブログ記事 ページ先頭へ