全国5万人が受講している「サイタ」

ホームページ作成・作り方講座

ホームページ作成・作り方講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールホームページ作成講座東京 東京Webカレッジ 三谷クラス スクールブログ 「Webサイト...

「Webサイト」と「ホームページ」のお話。

こんにちは、東京Webカレッジの三谷です。
本日はブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

さて、今回は「Webサイト」と「ホームページ」のお話をさせていただきます。

私たちは「Webサイト」や「ホームページ」という言葉をよく耳にします。
「Webサイト」と「ホームページ」
今ではほとんど同じ意味のように使われていますが、どこか違いがあるのでしょうか?
というよりも、そもそも「Webサイト」ってなぁに?「ホームページ」ってなぁに?というあたりから、お話を始めたいと思います。

「Webサイト」とは何でしょうか?

この疑問に対して、まずは「Webページ」と「Webサイト」の関係からお話を始めてみましょう。
あなたが今見ているこのブログ、恐らくこれを「ブラウザ」と呼ばれるインターネット閲覧ソフトを使ってご覧になられていることでしょう。余談ですが、良く使われる「ブラウザ」には、「インターネットエクスプローラー」「グーグルクローム」「サファリ」「ファイヤーフォックス」などがあります。
そして、このブログのように「ブラウザ」で表示されるページのことを「Webページ」と言います。この「Webページ」が集まって一冊の本のようになってるのが「Webサイト」です。
そして、表紙にあたる「Webページ」のことを「トップページ」と言います。

では、「ホームページ」とは何でしょうか?

「ホームページ」とは「ブラウザ」を開いたときに、最初に表示されるページのことです。
ブラウザの「ホームページ(最初に表示されるページ)」には、Yahoo!、MSN、Googleなどの「Webサイト」の「トップページ」を設定している方が多いと思います。
このように、Webサイトのトップページを「ホームページ」に設定する人が多かったので、「Webサイトのトップページ」のことを「ホームページ」と呼ぶようになりました。

さらに、インターネットが普及してからは、「Webサイト」のことを知らない人に説明する過程で、本来「Webページ」「Webサイト」と呼ぶべきところを、 すべて「ホームページ」と呼んでしまう現象が発生しました。そして、この認識は現在も続いています。

ただし、昔からインターネットを使っている詳しい人の中には、 こうした用法を誤用として認めない人もいます。
ご注意ください。

では、ここまでのお話をまとめてみましょう。

「Webページ」は、インターネット上にある1ページ1ページ のこと。
「Webサイト」は、Webページが集まった意味のあるまとまり のこと。
「ホームページ」は、元々はWebサイトのトップページのこと。
現在では、「Webページ」や「Webサイト」をまとめて「ホームページ」と呼んでいます。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。


「東京Webカレッジ」では、無料体験レッスンを随時受け付けています。

はじめての方でも安心の個別指導。

駅前のカフェで、リラックスして学べます。
知りたいことを、知りたいところから、自分のペースで学べます。
あなたのわからないところから、ゆっくり、じっくり、楽しく学べます。
わかるまで、できるまで繰り返し学べます。

無料体験レッスンのお申し込みはこちらから。

「Webサイト」と「ホームページ」のお話。「Webサイト」と「ホームページ」のお話。「Webサイト」と「ホームページ」のお話。

(2013年10月6日(日) 13:39)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

国内最大のポータルサイト運営会社にて実績多数!リラックスして学べます

ブログ記事 ページ先頭へ