全国5万人が受講している「サイタ」

ホームページ作成・作り方講座

ホームページ作成・作り方講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールホームページ作成講座埼玉 お気楽ホームページ研究所 スクールブログ まずはじめに!

まずはじめに!

はじめまして「むー」と申します!
最初のブログなので、自己紹介を兼ねてこれまでの
経歴についてお話したいと思います。

--------------------------------------------------
●幼少期
--------------------------------------------------
福岡で生まれ、2歳まで過ごし、
父親の仕事の都合でアメリカのコロラド州に7年と
ドイツのハンブルグに2年過ごしました。
海外に住んでいた頃は内気でどちらかという一人で
ずっとレゴで遊んでいるような少年でした。
その当時から物を作ることが好きだったようで、
恐らくその性格が現在の仕事に結びついているように思います。

日本に帰国したのが小5のころで、
東京の八王子に住んでました。

--------------------------------------------------
●中学生
--------------------------------------------------
中学時代にはようやく外にでて、
友達と遊びまくったり、よく町田あたりまで、
ママチャリと友人と走ったことを覚えています。
それでもどちらかというと、
家の中で遊び絵を描いたりすることのほうが、
好きだったようです。

--------------------------------------------------
●高校生
--------------------------------------------------
高校は神奈川県の私立に通ってました。
部活はテニスをやりはじめて、
このころにようやく体育会のノリを覚え、
何事も気合と根性があれ乗り切れることを覚えました(笑)

--------------------------------------------------
●大学生
--------------------------------------------------
大学は関西の大学に進学しました。
自分のやりたいことがそこにあったから、
なんていうことはなく、
とにかく親から離れたかったからです(笑)

大学に入ってからはずっと音楽漬でした。
高校の最後のころからギターやベースを
少しやり始めていたので、
大学生になったらずっと音楽をやりたいと思っていました。
授業もいかずにほとんど楽器ばっかり触っていたような時期もありました。
卒業すると同時にしばらく音楽活動を、
メインにしていた時期もありましたが、
ちょうどそのころデザインに出会うキッカケがいくつかありました。

--------------------------------------------------
●WEBとの出会い
--------------------------------------------------
ライブをするにあたって、
ライブを告知するフライヤーを作ってもらったりすることがあり、
その当時お世話になっていた先輩がやっていた、
デザイン事務所でMacを使用してデザインを作成しているところを見て、
面白そうだなと思い自分でもやってみたくなったのが、
WEBデザイナーへの道につながります。

スクールへ通い、DTPとWEBのソフトの扱い方を学び、
一番最初に大阪の小さなWEBプロダクションにアルバイトで入社しました。

--------------------------------------------------
●1社目:大阪のWEBプロダクション
--------------------------------------------------
当初はデザインの「デ」の字もわからないような状態で、
簡単なバナー制作やサイトの運用から始まり、
簡単のページ作成へと徐々にステップアップしていきました。
しばらくすると正社員として登用され、メインデザイナーとして、
直接お客さんとコミュニケーションをとりながら、
業務に携わりました。
最終的にチーフデザイナーとして、
4.5人くらいのチームをまとめながら業務を行いました。
またこの頃から当時の会社ではflashをやっている人間がいなかったので、
独学しながらもflashの開発なども行うようになりました。

--------------------------------------------------
●はじめての挫折
--------------------------------------------------
細かい挫折などは数知れないのですが、
記憶に一番残っているのは、
とある有名なアーティストさんのサイトを担当したとき、
一緒にした著名なアートディレクターの方にこっぴどく怒られ、
怒られるためだけに新幹線にのって、
東京までいくことがありました・・・。
自分の力不足が原因だったものの、
仕事の厳しさを感じた良い経験でもあります。

--------------------------------------------------
●2社目:大阪のゲーム会社
--------------------------------------------------
2社目はゲーム開発をメインで行っている会社のWEB事業部に転職しました。
そこでも前職と同様にデザインをしながら、
ディレクションをしつつ、flashなどの開発なども行ってきました。
また人数は少ないですが、チームのマネージャーとして、
デザイナーのスケジュール管理や品質管理などもおこなってきました。

--------------------------------------------------
●これぞ制作会社
--------------------------------------------------
ゲーム会社といえば不夜城(笑)
というのは冗談でもなく、なぜかみんな家に帰らない・・・
帰れないという会社でした。
いいものを作るためにとことんまで追求し、
1週間だって家に帰らないという精神を学びました(笑)

--------------------------------------------------
●3社目:現職
--------------------------------------------------
2010年の11月にそろそろ東京に戻ろうと思い、
13年ぶりに東京の土を踏みしめました。
現在はこれまでの経験を活かして、
情報サービス系の企業でWEBディレクターとして勤めています。

--------------------------------------------------
●意外とどうにかなる
--------------------------------------------------
僕自身デザインに関してもWEB技術に関しても、
特に誰かに習ったり学校にいったりしたことはありません。
WEBの世界は基本はまず自分で調べて勉強するということにつきます。
もちろん習えるなら習ったほうが近道ではありますが、
調べることによって少し寄り道をすることも多かったのですが、
そういった知識が将来的に役立つ事もあります。

僕自身一杯寄り道をして遠回りをしましたが、
是非みなさんには正しい道を示しながらも、
良い意味での寄り道をできるようにアドバイスができればと思います。

 

(2011年3月6日(日) 8:51)

次の記事

この記事を書いたコーチ

webデザイン業界の最先端で得たスキル。フラッシュやコーディングもOK

ブログ記事 ページ先頭へ