全国5万人が受講している「サイタ」

ホームページ作成・作り方講座

ホームページ作成・作り方講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールホームページ作成講座埼玉 クリエイトウェブスクール スクールブログ ホームページ制...

ホームページ制作のための5つのステップ!!



インターネット上には様々なホームページがあります。その数は数十億ともいわれてます。
ホームページがインターネット上にUpされるまでどんな過程がどういったものかが今回のテーマです。

そもそもホームページはいったいなんなのか?
感じ方は人それぞれですが、私の考えは「手軽に使える情報源の一つ」だと思います。
なんだかよくわかりない感じですが、みなさんはTVや雑誌とかを見ると思います。
それと同じです。
違うのは、雑誌と違って、双方向(情報を取るだけでなく、情報を与えることができる)であること。TVは今、双方向になってますね。

そんなホームページの制作の流れはどんなものか見てみましょう。

ホームページ制作のための5つのステップ
一般的な方法をご紹介します。



1. 企画、構成
どんなホームページを作るか?
メニューや載せる記事、ページ数、伝えたいものは何か、企画内容を実現するためのデザイン(大雑把に)などを考える
ここがもっとも重要です。

2.デザイン作成
[1]で考えたデザインをPhotoshop, Illustrator, fireworksを使って、作成する

3.コーディング
[2]で作成したデザインに沿って、コーディングを行う
インターネットにデザインを貼付けただけではホームページといいません。HTML+CSS の言語を使って、ページを作成することをコーディングといいます。
ドリームウィーバーなどを使用して作るのが一般的です。

4.アップロードする
作成したホームページをFTPソフトなどを使ってネット上にデータを送ります。

5.更新運営
作成したから終わりではありません。そのホームページを更新運営を続けることが大切です。
見てくれる方に新しい情報や飽きさせないようにすることがコツです。

これがホームページ制作の一般的な流れです。
レッスンでは一つのホームページを作る過程を一緒に考え、順序よく学んでいただきます。

 

(2010年6月22日(火) 14:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

HTMLアレルギーは治る!チェック&エラー型で難解な文字列もさくさく

ブログ記事 ページ先頭へ