サイタ資格取得講座秘書検定講座(試験対策)秘書検定1級栃木 えりかコーチの秘書検定講座 スクールブログ 秘書検定☆面接

秘書検定☆面接

関東の受験生は、もうすぐ面接という方が多いのではないでしょうか

「普通を超える」とはどのような振る舞いか、研究してみましょう

授業では、所作など細かくアドバイスしていきますね

 

(2019年1月12日(土) 22:36)

次の記事

この記事を書いたコーチ

高い合格率が自慢!ティーチングとコーチングを融合させたオリジナル授業

新着記事

私は、基本的には秘書検定集中講義を教科書として使用しています。もう一冊は過去問集! この二冊をマスターできたら、可能であれば過去問の古いものも解いておくとよいでしょう。似た形式のものが出題されています。

前ブログで少々触れましたが、 普通を超えた、感じの良い話し方の調子、言葉遣い、態度、物腰、しぐさは審査の基準になります。 正しい敬語を使えても一本調子の話し方では、普通を超えたということにはならないのではないでしょうか。 その時のその人が出す雰囲気も非常に重要です

1. 控え室へ 受験方法などが書かれた紙をもらい確認 2.課題を受け取り、約200文字の報告、来客への応対について指定場所で覚える 3. 面接室へ 指示に従い自己紹介 4.報告 5.応対 6.コメントを審査員からもらう 7.退出 時間は10分くらい...

こんにちは。 皆さん椅子の座り方、立ち方、御研究なさっていますか? 意外と多いのが、名前を呼ばれてスッと立ちそのまま歩いていってしまう方️ 椅子から立ち上がり、ひと呼吸おいてから、歩くようにすると美しいです。

関東の受験生は、もうすぐ面接という方が多いのではないでしょうか 「普通を超える」とはどのような振る舞いか、研究してみましょう 授業では、所作など細かくアドバイスしていきますね

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、秘書検定1級レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ