全国5万人が受講している「サイタ」

ヒップホップダンススクール・教室

ヒップホップダンススクール・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

ダンス教室ストリートダンススクールヒップホップダンス東京 ヒップホップ・リズムダンススクール スクールブログ 柔軟と筋トレ

柔軟と筋トレ

ダンスのレッスンに欠かせないのが、柔軟と筋トレ。

できれば、やりたくない。

体が硬い人は柔軟がどれだけキツイか…

筋トレだって、ツライだけ…

でも、踊る為には必要なんですね。

柔軟の目的は、これから使う筋肉をほぐしてあげる為に行います。
ダンスでは、普段の生活では使っていない部分をたくさん使います。
なので、ダンスに使う筋肉をほぐしてあげる必要があるんです。
柔軟をするだけで、次の日の筋肉痛を和らげる役割や、怪我の防止になります。

そして、筋トレ。
ダンスで一番使う筋肉は、腹筋と背筋です。
しかし、踊る事に慣れていないと、重心が下へ下へいってしまうので、足の筋肉をたくさん使ってしまって、それこそ、次の日は歩くのもツライくらいの筋肉痛になってしまうこともあるかもしれません。
できるだけ腹筋と背筋を使って、軽やかに踊る為にも、筋トレが必要になってきます。

普段の私の行っているグループレッスンでは、1時間半のレッスンの中で30分は柔軟と筋トレを行います。

とはいえ、こちらのレッスンは1時間レッスンなので、できれば10〜15分くらいで切り上げたいと思っています。

筋トレに関しては、ダンスの動きの中で腹筋や背筋を使いながらトレーニングしていく方法もあります。

キツイと感じる柔軟と筋トレですが、これもまた楽しんでできるといいなと思っています。

体が硬くても、柔らかくなるコツも伝授しますよ!

 

(2014年5月3日(土) 15:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

マイケルジャクソンコンテストで優勝!講師歴10年超、圧倒的指導力で安心

ブログ記事 ページ先頭へ