全国5万人が受講している「サイタ」

英語の家庭教師(高校生向け)

英語の家庭教師(高校生向け)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,100円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

家庭教師(受験対策)高校生向け家庭教師英語の家庭教師東京 高校英語構文 基礎から応用 徹底攻略! スクールブログ 受験や試験に役...

受験や試験に役立つ英語の発音の法則 その1 これで発音問題なんて怖くない?

こんにちは。日原です。

このブログを見ているということは、少なからず英語に興味がある、英語が苦手……という方かと思います。
なのでこのブログでは誰もが役に立てられる英語の小ネタ、テクニックを紹介していきたいと思います。

ところでみなさんは英語の単語を見たとき、発音の仕方に悩んだことはありませんか?

英語はインド・ヨーロッパ語系に属するのですが、英語は他のヨーロッパ系の言語と比べて、単語の読み方にあまり一貫性がありません。

他の言語はいわゆるローマ字読みをすればある程度発音できるのに対し、英語はそうはいかないのです。

これは歴史的にはGreat Vowel Shift(大母音推移)という現象の結果なのですが、その話はまた改めてするとし、あまり発音方法に首尾一貫性がなさそうに見える英語ですが、実は発音の仕方には特徴があるのです。

その特徴は法則とも言い換えられます。
では例を紹介しましょう。

まず下記の単語を発音してみてください。
どれもごくごく基本的な単語です。

make
time
hope
rule
note
bite
Pete

読めましたか?
本来あまり好ましくありませんが、分かりやすく発音をカタカナで表記しますね。

make(メイク)
time(タイム)
hope(ホープ)
rule(ルール)
note(ノート)
bite(バイト)
Pete(ピート)

となります。
何か気がつきましたか?

次に発音記号で表記してみましょう。

/meik/
/taim/
/houp/
/ru:l/
/nout/
/bait/
/pi:t/

となります。
ここで種あかし。

実は上記の単語は全て語末(単語の終わり方)が

【母音+子音+e】

という構造になっているのです。
母音と子音を知らない方は、現時点においては母音は(a, e, i, o, u)で子音はそれら以外と考えて下さい。

分かりやすくカッコで囲ってみましょう。

m(ake)
t(ime)
h(ope)
r(ule)
n(ote)
b(ite)
P(ete)

どうです? 語末が確かに【母音+子音+e】になっていますね?

実は英語において、この形で単語がつづられている場合、

【母音はそのままの読み、語末のeは読まない】

という法則があるのです。

「母音そのまま読む」とは、分かりやすくカタカナ表記をすると

a エイ(ei)
e イー(i:)
i アイ(ai)
0 オウ(ou)
u ユー(u:)

ということです。

メェイク
タァイム
ホォウプ
ルゥール
ノォウト
バァイト
ピィート

法則通りの発音ですよね?

実は英語にはこういった法則がいくつかあるんんです!
と言うことは、この法則をマスターすれば知らない単語でもスラスラ読めるようになるのです!

ちょっとパズルみたいで面白くありませんか?

他にも例を挙げてみましょう。

smileは?
smile /smail/(スマイル)ですね。

bikeは?
bike /baik/(バイク)ですね。

tubeは?
tube /t(j)u:b/(チューブ)ですね。

どれも法則通りに読めるのです。

しかし言語は人間が作ったものなので、例外というものが存在します。
例えば

love

これはいま紹介した法則で言えば「ロウヴ」と読むはずです。
だけど実際の読み方は皆さんもよくご存知ですね。

正解は

love /lˈʌv/(ラヴ)

です。

こういう例外が受験や試験に狙われんですよね。
ただ、例外単語はそういくつもありません。
発音問題に難易度が高い単語が使用されることは少なく、狙われる単語は似通ってくるのです。

どうです? 発音問題が苦手だ、という方もこういう法則を身に着けていけば得点源となる気がしませんか??

ちなみにこの法則はPhonicsと呼ばれ、体系化されています。
このブログでもPhonicsを紹介していきますね。

Phonicsを知ってしまえば、英語の発音問題なんて怖くない!

それではまた次回お会いしましょう。

 

(2012年7月21日(土) 3:26)

次の記事

この記事を書いたコーチ

英語音声学を専攻。土台を知り尽くした先生による、目からウロコの授業

高校英語構文 基礎から応用 徹底攻略!
日原臣 (英語の家庭教師)

恵比寿・渋谷・秋葉原・六本木・六本木一丁目・麻布十番

ブログ記事 ページ先頭へ