全国5万人が受講している「サイタ」

ハワイアンキルト作り方教室・講座

ハワイアンキルト作り方教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

ものづくり・手芸(クラフト)教室ハワイアンキルト作り方教室東京 北村順子のハワイアンキルト教室 スクールブログ パッチワークキ...

パッチワークキルトとの違いは?

よく聞かれるんですが、パッチワークと一体何が違うの?
って疑問にお答えしますね。

パッチワークは一言でいうと、つぎはぎ細工。大小のカットした
布片を繋ぎ合わせて1枚の大きな布を作る手法。
布、キルト芯、裏布を3層に合わせてキルティングしたものを
パッチワークキルトいいます。

対して、
ハワイアンキルトは主にハワイのモチーフ(花、葉、海の生き物など)を
土台布に広げてアップリケ。同じように3層を合わせて
キルティングしたものをハワイアンキルトといいます。
キルト柄は1/2や1/4,1/8等の対称的なパターンが代表的です。

ハワイアンキルトではモチーフをカットしたらハギレができます。
それがいよいよ溜ってきたらパッチワークでつなげると
ムダもなく、思いがけずに素敵な物に仕上がったりします。

布が好きでコレクションが増えて行くとどうしよう??
なんてお悩みもよく耳にします。
そんな時は、使い道を一緒に考えましょうね!


パッチワークキルトとの違いは?

(2014年7月12日(土) 15:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

小モノ~ベッドカバーまで。日常を彩り一生楽しめる趣味をサポートします

ブログ記事 ページ先頭へ