全国5万人が受講している「サイタ」

販売士講座(検定試験対策)

販売士講座(検定試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座販売士講座長野 わかって楽しい販売士教室 スクールブログ もうすぐ七五三

もうすぐ七五三

11月15日は七五三。日本の文化上、知名度認識度がかなり上位の行事です。

振袖に桃割れの日本髪。
7歳といってもあなどるなかれ、化粧をして紅をさしたあでやかさは、もう十分淑女の品格。目じりが下がりっぱなしのお父さん、おじいちゃんも多いのでは?

景気が下がっても、子供のこととなるとついつい財布の紐が緩みがち。勢い市場もあの手この手で販売に拍車がかかります。

昔は簡単な千歳飴でしたが、昨今はキャラクターデザインだったり、味も今風だったり。
着物のレンタル会社はターゲット顧客に向けてのDM合戦や、写真館とタイアップしての撮影会をアプローチしてみたり。
百貨店やスーパーも負けてはいられません。お祝いの引き出物、食事会に向けての食材や惣菜を提案しています。

このように、季節の行事などを取り込んで販売を展開していく手法をイベント・マーケティングといいます。
季節感を演出し、消費者のニーズを呼び起こし、固い財布の紐を緩めてもらう方法。
ヒットすれば、大きな利益が生み出されますから、お店にとっては重要な販売手法です。

日本は四季折々に個性のある行事や風習が満載ですから、いろいろなお店のイベント・マーケティングを覗いてみて、比較するのも楽しいですね。

 

(2013年11月13日(水) 1:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

日本販売士協会で講習歴も!生きた事例で明るく合格をお手伝い

ブログ記事 ページ先頭へ