全国5万人が受講している「サイタ」

販売士講座(検定試験対策)

販売士講座(検定試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座販売士講座長野 わかって楽しい販売士教室 スクールブログ お・も・て・な...

お・も・て・な・し

東京オリンピック招致で、かの滝川さんが発したこのメッセージは、伝統的でありながら、新鮮な響きをもっています。

小売業において、「ホスピタリティ」という言葉がありますが、これは「もてなしの精神」を意味し、それが今は大変大切なこととされています。

お客様を第1に考え、いかにもてなしの精神を発揮できるかが、生き残りのキーワードとなってきたのです。

「あの店の店員は、愛想がない。挨拶もろくにしない。もう2度と行きたくない」などという話はよくあることです。
反対に、「あちらの店の店員さんは、品物を捜していたら、ていねいに調べてくれて嬉しかった。また行きたい」などということもあります。

「自分を大事にしてくれている」と思ってくれることが、店のリピート率に直接反映するのです。

たとえ、セルフスタイルのお店であっても、心のこもった「いらっしゃいませ」の挨拶でお迎えする。それが、おもてなしのスタートです。

その後、お客様の需要をいかに汲み取り、顧客満足度を上げていくか。
販売士の勉強をしていくと、明らかになっていきます。

さて、私はこれから販売士を目指す方たちの学習のお手伝いをさせていただきます。
うまく皆さんの満足度が上がるかが、私のリピート率に反映するのでドキドキですが、
「ホスピタリティ」の精神で頑張らせていただきます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。




 

(2013年10月15日(火) 1:42)

次の記事

この記事を書いたコーチ

日本販売士協会で講習歴も!生きた事例で明るく合格をお手伝い

ブログ記事 ページ先頭へ