サイタ資格取得講座行政書士講座東京 一緒に考える行政書士講座 スクールブログ 行政書士試験と...

行政書士試験と新元号~試験の現状と資格の有用性(前編)~

大変ご無沙汰しておりました。お久しぶりです。

新しい元号にもなるとのことで、心機一転をはかろうという方もいらっしゃるかと思います。そこで、前後編に分けて行政書士試験の現状と行政書士の資格の有用性・使い方について今一度考察していきたいと思います。

◆試験の難易度・合格者数の推移◆
行政書士試験の公式サイトである「行政書士試験センターの試験結果の推移」というページがあります。(以下リンクhttps://gyosei-shiken.or.jp/pdf/trans.pdf)

押しなべて10%前後の合格者しか出ない、という言い方をするとやはり簡単ではないのは間違いないと思います。

ただ、ここで注目してもらいたいのは受験者数と合格者数の推移です。

実は、ここ10年で受験者数が相当減ってきているのが分かるかと思います。まぁこれだけ合格率が低い訳ですから、途中で嫌になって辞めてしまう人というのもそれだけ多いのだろうと思います。10年前に比べたら3万人以上も減ってるんですね。

しかし、合格者数の方は去年よりも受験者が3万人以上多かった平成21年が6095人で、去年が4968人。まぁほぼ5000人と考えれば、1000人しか減ってないんですね。その結果、合格率がここ4年間連続して10%を超えています。それまでは10%を超える方が珍しかったにもかかわらず、です。

つまり、競争相手が減ってきているんですね。過去に比べて、資格を取るチャンスが来たと言えると思います。この流れがいつまで続くかというのは予測し辛いですが、ここ4年間はずっとこの風潮が続いています。

いずれ「受験者数の割に合格率上げすぎかな?」っていう流れが来てしまう前に、しれっと狙ってみるのが良いのではないでしょうか。時期としては「今のうちに取ってしまえ」の時期だと思います。

では次回は、行政書士という資格の有用性についてお話ししようと思います。以前も似たような記事は書いているのですが、改めてということで。

 

(2019年4月28日(日) 18:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

記述式形式の指導にも定評あり。知識を記憶として定着させるお手伝い

新着記事

  いよいよ2019(令和元)年の行政書士試験が近づいてきましたね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。僕は緊張しいだったので、これだけ試験が近づいてくると大分ソワソワしていて、過去問とかで時間間隔を掴む練習をしててもやっぱり落ち着かなかったです。答え合わせをしていてもあんまり間違えたところの復習...

  今回は前回に引き続き、行政書士試験の現状と行政書士という資格の有用性についてお話ししようと思います。前編では試験の現状について、「前より競争相手が減ってきているぞ」というお話をしたので、後編の今回は「行政書士の資格をもってるとどんな効果があるか?」と列挙していきたいと思います。 ◆行...

大変ご無沙汰しておりました。お久しぶりです。 新しい元号にもなるとのことで、心機一転をはかろうという方もいらっしゃるかと思います。そこで、前後編に分けて行政書士試験の現状と行政書士の資格の有用性・使い方について今一度考察していきたいと思います。 ◆試験の難易度・合格者数の推移◆ ...

 サイタでは、講師の人だけが見られる専用の管理ページのようなものがあるのです。そこでスクールページの編集とか、受講生の皆さんとのメッセージの管理をしたり、レッスンの予約をしたりするのですが。  先日そこで確認してみたのですが、気が付けばサイタの行政書士講師の中での平均受講回数ランキングで...

 去る11月11日(日)、平成最後の行政書士試験がありましたね。試験なんてものは、何歳になろうと受けるときには緊張したり不安になったりするものです。そこに年齢は関係ありません。こんなもの受かるにきまってる、とよほどの自信がある方以外はみんなそうだったと思います。勝負以前に、勝負の土俵に立つこと...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、行政書士レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ