サイタ資格取得講座行政書士講座東京 増渕行政書士講座 スクールブログ 清算?精算?

清算?精算?

会社をたたむ時には、会社法に従い、「清算」手続が行われます。あまり馴染みはないと思いますが、株式会社の場合は会社法475条です。

日常生活では、「精算」という用語のほうがよく使うと思います。例えば、代金の「精算」などです。入力変換でも、「精算」が「清算」よりも上位候補です。

手書きだと、注意するので間違いは少ないのですが、PC入力などではつい「精算」と変換したまま最終版としてしまうことも多いです。

先日購入した「新・株式会社の登記実務」(日本加除出版)にも、第14章のヘッダー全てに「精算結了の登記」との誤植が。。。専門書ですら見落としてしまう、間違いやすい用語のようです。

清算?精算?

(2018年12月6日(木) 13:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

法律知識を活かして人助けを!親切・丁寧な授業で、資格取得を徹底サポート

新着記事

レッスンに行く時間のない方、遠距離の方、メールや電話で疑問点だけ確認したい方向けに、通信コースを開講しました。体験レッスンも電話やメールで対応可能ですので、お気軽にお申込みください。 通信コースの例: 1.初回体験レッスン申込 システム上、場所指定となってしまうので、便宜的に「新宿」...

民法の入門書では、よく「私たちの身の回りの生活は、様々な契約によって成り立っています。」と説明されます。続いて、コンビニで菓子パンを買う「売買契約」、電車やバスに乗る「役務提供契約」、会社に勤務する「雇用契約」などの具体例が挙げられることが多いと思います。 でも、なぜ民法では「契約」と呼...

テキスト・基本書を読み込む独学タイプの受講生の皆様向けのレッスンを開講しています。 債権法改正も踏まえた新しい基本書(契約法)を使用します。もちろん、皆様のお持ちのテキストのままでOKです。 契約法分野は、契約内容不適合責任への転換など、重要箇所が盛り沢山ですので、あせらず正確な理...

会社をたたむ時には、会社法に従い、「清算」手続が行われます。あまり馴染みはないと思いますが、株式会社の場合は会社法475条です。 日常生活では、「精算」という用語のほうがよく使うと思います。例えば、代金の「精算」などです。入力変換でも、「精算」が「清算」よりも上位候補です。 手書き...

10月頃、ようやく民法債権法改正の内容をフォローしたばかりでした。 今度は、相続法の改正です。。。配偶者居住権や遺産分割といった制度面の改正をはじめ、預貯金債権仮払いといった実務面の改正も含む重要事項ですので、何とか追いつかなければなりません。 特に、遺言をめぐる改正(自筆証書遺言...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、行政書士レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ