サイタ資格取得講座行政書士講座東京 納得いくまで行政書士講座 スクールブログ 平成29年度行...

平成29年度行政書士試験

初めまして、今晩は。後藤です。

 今日は、行政書士試験を運営している「一般財団法人行政書士試験研究センター」のホームページより、平成29年度の行政書士試験の内容が公開されたため、解いてみました(著作権の問題から問58~60の「文章理解」の問題3問と、理由はわかりませんが問1の「基礎法学」の問題1問、問6の「憲法」の問題1問の計5問が除外されていました)。


 「法令等」の問題に関しては、標準的なものだったと感じました。何問か学習が及びにくいであろうと思われる問題もありましたが、極端に言ってしまうと、基本書を丸暗記していれば合格できるような、あまりひねくれてない問題が多かったのではないでしょうか。

 ただ、相変わらず「一般常識」だけはキテレツですね。小説の問題が出たり、坪の広さなどの単位について問うてみたりと、やりたい放題です。
 対策ができる個人情報保護法・情報公開法・情報リテラシーと文章理解の3問で確実に点数を取りつつ、時事問題で取りこぼさないようにするといった感じでしょうか。問題によっては、明らかにおかしい・常識的におかしい選択肢がある等、推測で解けるものもありますので、そこまで深刻に考えることもないとは思います。
 ちなみに、私のときはロッキード事件が出ました。日本史ですね。


 行政書士試験の難易度ということでいいますと、行政書士試験のここ10年くらいの合格率は、最低6.47%(平成20年度)から最高13.12%(平成27年度)と幅がありますが、難易度としてはあまり変化がない試験だと思います。

 ちなみに、受験者数は、ここ10年で一番多い平成22年度の約7万人をピークとして、毎年下がり続け、現在の受験者数は大体4万人(昨年の受験者数が4万1000人程度でしたので)となっています。

 試験合格の目安としては、全体300点中180点以上【60%】をとり、そのうち「法令等」で122点以上(244点中)【50%】、「一般知識等」で24点以上(56点中)【約43%】をとった人が合格しますので、法律系の試験ではハードルは高くない試験です。



 そういえば、私が行政書士試験を受けようと決意したのは、今くらいの時期(もう少し前だった気もしますが)だった気がします。
 はやる気持ちを抑えきれず、決意したその日に本屋で基本書を購入したのですが、最新版が並ぶ前だったらしく、最新版でない1年古い本を購入してしまいました。
 出版日はおろか、「〇年版」という表紙すら見ずに購入してしまったんだと思うと恥ずかしくてたまりませんでした。
 今から基本書を購入するという方は、最新版であること確認してから購入することをお勧めします。

 ちなみに、私は1年間の勉強期間のうち、基本書をきちんと理解しないままひたすら丸暗記するだけという苦行を3か月ほど続けたことがありますが、あまり身につきませんでした。
 その後は、きちんと理解して、問題も解いて記憶に残るようにしていったため、結果的には合格することができました。

 そういう経験がありますので、ひたすら丸暗記という勉強方法はお勧めしません。それから、「無駄に過ごしちゃったかな」という期間があっても、きちんと修正すれば取り戻すことができます。

 これから行政書士試験を始めるという方は、最初は多少の苦しみはあるかと思いますが、焦らずに少しずつ理解していけば確実に合格できると思いますので、頑張ってみてください。 

 以上、あまり脈絡のない文章になってしまいましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

後藤 悠

 

(2017年11月20日(月) 21:44)

次の記事

この記事を書いたコーチ

基本書にはない独自の対応策で指導!記憶に残る授業で合格までサポート!

新着記事

今晩は。後藤です。  今回は、「勉強における効率」について、私の思うことを書いていきたいと思います。  勉強をしている人は誰しも、「効率良く」勉強したいと考えているものです。  そのため、資格試験のための塾や予備校、オンライン講義などで「対策講座」を受ける人が多いと思いま...

今晩は。後藤です。  今回は、「勉強がつらいと思ってしまう人の一例」について、私の思うことを少し書いていきたいと思います。  「つらい」と思ってしまう人は、勉強を「単なる1つの作業」だと思ってしまっているのではないでしょうか。  さらに、その作業の内容を、基本書や参考書などに...

今晩は。後藤です。  今回は、「問題を作ることで分かること」について、私の思うことを書いていきたいと思います。  大体の人にとって問題は「解く」ものであって、認識としては、誰かが作っているんだろうぐらいのものだと思います。  ただ、自分で問題を「作る」ことで色々と分かるこ...

今晩は。後藤です。  今回は、「文章をきちんと理解することの大切さ」について、私の思うことを少し書いていきたいと思います。  例えば、「民法」の条文を1つ挙げます。 (養親子等の間の婚姻の禁止) 第七百三十六条 養子若しくはその配偶者又は養子の直系卑属若しくはその配偶者...

今晩は。後藤です。  今回は、「勉強の計画」について、私の思うことを少し書いていきたいと思います。  資格試験のために勉強をしている大体の人は、それぞれに都合を考え、試験当日までの期間をどう過ごすかについて、ふわっとした計画であろうが、きっちりとした計画であろうが、何かしらの勉...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、行政書士レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ