サイタ資格取得講座行政書士講座大阪 イシモトの行政書士合格教室 スクールブログ 勉強方法につい...

勉強方法について(その2)

前回は、五肢択一式の過去問を繰り返し解く。
そして、8割から9割までを正解できるレベルまで持っていく。
といったお話をしました。

で、優秀な人なら、8割9割ではなくて全問正解できる。
もお問題解くの飽きちゃったよ~ となってくるでしょう。

では、次は、五肢択一ではなく一問ごとの正誤を問う問題集に挑戦してください。

五肢択一では、選択肢の番号を覚えてしまって解ける(気になっている)場合もあります。ところが、一問一答になると、今まで五肢択一では解けていたのに解けない問題が結構出てきます。

行政書士試験問題は、五肢択一なのに、なぜ、一問毎に正誤の判断が必要なのか。
それは、五肢択一だと消去法を使うことで正誤が曖昧でもなんとかなることがあるのに対し、近年、「正しいものはいくつあるか」あるいは「間違ったものの組み合わせとして正しいものはどれか」という、いわば、各肢ごとに正誤を判断できないと解けない問題数が増えてきているからです。

そして、この場合でも、五肢択一の問題を解くときと同じく、間違いの肢については、どこが間違っているか、正しい答えは何かまできちんとだせるようにできなければなりません。


さて、問題演習のやりかたについて述べてきましたが、さらに重要なポイントが有ります。問題の正解率が高い人でも、このポイントをクリアしておかないと合格出来ないという重要なものです。

それについては、次回に。

 

(2016年5月16日(月) 0:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

「身近な街の法律家」としても活躍!考える力を重視した丁寧なレッスン

新着記事

受験生の方は最後の追い込みに余念がないことと思います。 さて、今の時期にできることは何か。 今やるべきは、基本の再確認です。 本試験でのイージーミスやケアレスミスを少なくすることが重要です。 多くの受験生が解けない難しい問題を解けても、反対に、みんなが正解する問題、いいか...

更新に間が開いてしまいました。 NPO関係の業務で結構忙しくなっています。 今日は、すこし時間ができたので、借りていた本の返却もあって中央図書館まで行ってきました。 読みたい本は沢山有るのですが、なかなか読書の時間が取れず、延長しても読まないまま返却することも多々あります。 と...

産経新聞6月3日(金)の記事です。  戦国武将らに使われてきた文書の末尾に記す手書きのサイン「花押(かおう)」が印の代わりに記された遺言書の有効性が争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は3日、「押印の代わりに花押を使用する慣行や法意識はない」として遺言書を無効と...

昨日は、大学での「ビジネス実務法務検定3級」講座の開講日。 久しぶりの3時間立ったままの講義。 少々腰に来ましたね(笑)

昨日は、NPOのしごとで申請書類提出のため区役所まで。 無事、受理されて、そのあと、相続手続きに関する打合せで司法書士の先生の事務所へ立ち寄りました。 さて、話題をタイトルに戻して。 行政書士の試験は例年11月の第2日曜日午後1時から午後4時まで3時間で実施されます。そして出...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、行政書士レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ