サイタ資格取得講座行政書士講座大阪 イシモトの行政書士合格教室 スクールブログ 【行政法判例】...

【行政法判例】八七時間大型自動車放置事件

◆判例 S50.07.25 第三小法廷・判決 昭和47(オ)704 損害賠償請求(民集第29巻6号1136頁)
【判示事項】
国道上に駐車中の故障した大型貨物自動車を約八七時間放置していたことが道路管理の瑕疵にあたるとされた事例
【要旨】
幅員七・五メートルの国道の中央線近くに故障した大型貨物自動車が約八七時間駐車したままになつていたにもかかわらず、道路管理者がこれを知らず、道路の安全保持のために必要な措置を全く講じなかつた判示の事実関係のもとにおいては道路の管理に瑕疵があるというべきである。
【参照・法条】
国家賠償法2条1項,国家賠償法3条1項,


おもうに、道路管理者は、道路を常時良好な状態に保つように維持し、修繕し、もつて一般交通に支障を及ぼさないように努める義務を負うところ(道路法四二条)、・・・同国道の本件事故現場付近は、幅員七・五メートルの道路中央線付近に故障した大型貨物自動車が八七時間にわたつて放置され、道路の安全性を著しく欠如する状態であつたにもかかわらず、・・・道路の安全性を保持するために必要とされる措置を全く講じていなかつたことは明らかであるから、このような状況のもとにおいては、本件事故発生当時・・・道路管理に瑕疵があつたというのほかなく、してみると、本件道路の管理費用を負担すべき上告人(注:和歌山県)は、国家賠償法二条及び三条の規定に基づき、本件事故によつて被上告人らの被つた損害を賠償する責に任ずべきであり、上告人は、道路交通法上、警察官が道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、道路の交通に起因する障害の防止に資するために、違法駐車に対して駐車の方法の変更・場所の移動などの規制を行うべきものとされていること(道路交通法一条、五一条)を理由に、前記損害賠償責任を免れることはできないものと解するのが、相当である。


【解説】
国家賠償法(2条責任)の道路に関する代表判例です。

同じような道路での事故の「奈良赤色灯事件」では、瑕疵がないと判断されたのに対して、本件では瑕疵ありとされましたが、その判断の違い(結果と理由)を押さえておくこと。

どちらも道路の安全性に問題があったが、事故を回避する措置をとることができたかどうか(回避可能性)で、87時間も放置したままというのは、管理上問題大ありだろということですね。奈良赤色灯事件では、時間的余裕がなかった。

参照
http://ishimotojuku.jugem.jp/?eid=17

 

(2016年4月23日(土) 6:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

「身近な街の法律家」としても活躍!考える力を重視した丁寧なレッスン

新着記事

受験生の方は最後の追い込みに余念がないことと思います。 さて、今の時期にできることは何か。 今やるべきは、基本の再確認です。 本試験でのイージーミスやケアレスミスを少なくすることが重要です。 多くの受験生が解けない難しい問題を解けても、反対に、みんなが正解する問題、いいか...

更新に間が開いてしまいました。 NPO関係の業務で結構忙しくなっています。 今日は、すこし時間ができたので、借りていた本の返却もあって中央図書館まで行ってきました。 読みたい本は沢山有るのですが、なかなか読書の時間が取れず、延長しても読まないまま返却することも多々あります。 と...

産経新聞6月3日(金)の記事です。  戦国武将らに使われてきた文書の末尾に記す手書きのサイン「花押(かおう)」が印の代わりに記された遺言書の有効性が争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は3日、「押印の代わりに花押を使用する慣行や法意識はない」として遺言書を無効と...

昨日は、大学での「ビジネス実務法務検定3級」講座の開講日。 久しぶりの3時間立ったままの講義。 少々腰に来ましたね(笑)

昨日は、NPOのしごとで申請書類提出のため区役所まで。 無事、受理されて、そのあと、相続手続きに関する打合せで司法書士の先生の事務所へ立ち寄りました。 さて、話題をタイトルに戻して。 行政書士の試験は例年11月の第2日曜日午後1時から午後4時まで3時間で実施されます。そして出...

ブログ記事 ページ先頭へ