全国5万人が受講している「サイタ」

行政書士講座(資格試験対策)

行政書士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座行政書士講座神奈川 ゼロから始める行政書士講座 スクールブログ 過去問は、試験...

過去問は、試験委員からのメッセージです。

今回もお越しいただき、ありがとうございます。
行政書士の半澤です。

今回は、過去問検討の重要性について、お話しします。


一度出てしまった問題を、なぜ検討する必要があるのか?
それは、過去問には試験委員のメッセージが込められているからです。

過去問には、試験委員の問題意識が表れています。
法律分野においては、数ある法律の中でも特に重要な条文・判例が
繰り返し出題されています。
過去問を見れば、重要な分野が一目でわかります。
また、一般知識の部分でも、最近のニュースに絡めた問題が多数出題されております。
試験委員が、時事問題に敏感なことは明らかです。

各予備校において、予想問題が多数発売されておりますが、
予備校は試験委員ではありませんので、
主題者の意図を完璧に把握することは不可能です。
(ある程度、当てることはできるかもしれませんが)
本試験の問題を解くには、過去問検討が一番の近道です。


極論かもしれませんが、この際なのでハッキリ申し上げてきます。

過去問で出題された知識を、100%理解するまでは、
他の問題集に、手を出すべきではありません。
「100%の理解」とは、過去問のすべての選択肢について、
完璧に正誤を判定できるレベルということです。
理解が不十分なまま他の問題集に手を出すと、合格が遠のきます。

当然、全ての受験生は、100%に至る前に合格しているのですが、
理想論としては、そういうことです。

では、そのレベルに近づくためには、どうしたらよいのか?
詳しくは、体験レッスンでお話しいたします。


皆様にお会いできることを、楽しみにしております。

 

(2015年12月3日(木) 22:35)

前の記事

この記事を書いたコーチ

社会人経験後、事務所を開業!知識だけでなくやる気の維持法や勉強法も伝授

ゼロから始める行政書士講座
半澤卓也 (行政書士)

横浜・鶴見・東神奈川・菊名・桜木町・関内・海老名・新子安・中央林間・南林間・大和・桜...

ブログ記事 ページ先頭へ