全国5万人が受講している「サイタ」

行政書士講座(資格試験対策)

行政書士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座行政書士講座愛知 佐野潤式行政書士講座 スクールブログ 苦手な個所はわ...

苦手な個所はわかった、でもなぜ苦手なのかはわからない

おはようございます、佐野潤です。

平成26年度行政書士試験まであと68日。

九月に入りまして、本試験日に刻一刻と迫っています。
この土日に模試を受験された方も多いのではないでしょうか?

充分な点の取れた方も散々だった方もいるでしょう。
しかし、模試はあくまでも模試です。
どれだけいい点を取っても合格が確実でもなければ、
散々な点数でも合格できないわけではありません。

重要なのはどこが苦手な分野であり、どこが点の取れる分野かを把握することです。
そして苦手な分野、点の取れなかった分野に対して
捨てる問題と拾う問題を見極めることも重要です。
明らかな捨て問というのが行政書士試験には存在します。
それを見極めるのは重要ですし、捨てる勇気も必要です。

そして拾う問題、これが合格へ最も必要なわけですが、
苦手な分野がなぜ苦手かということをあなたは把握していますか?

条文を覚えられていないのか、関係性がわからないのか、
判例の解釈が違うのか、間違えることには理由があり、
その理由を間違えていれば当然正しい答えにはたどり着けません。

模試で間違えた問題、その問題を何故間違えてしまったのかを
理解できたら、間違いなくあなたは合格に一歩近づきます。

 

(2014年9月2日(火) 8:36)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

調理師のキャリアから一念発起!一発合格した先生がノウハウを伝授

佐野潤式行政書士講座
佐野潤 (行政書士)

豊橋・西小坂井・三河三谷・蒲郡・三河塩津・岡崎・相見・西尾口・西尾

ブログ記事 ページ先頭へ