全国5万人が受講している「サイタ」

行政書士講座(資格試験対策)

行政書士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座行政書士講座東京 初心者向け行政書士講座 スクールブログ 行政書士試験最...

行政書士試験最大の得点源記述はいつから勉強すればいいのか?★4

今日は記述のお話をさせていただこうかと思います。

記述はですね、行政書士試験でかなり重要な所なんですよね、まあ3問×20点=60点もありますから、ほぼありえないことですが60点の満点とったら一般知識の足きりさえなければ合格は余裕でしょう。大体狙える得点は20~40点あたりですけどね。

さて記述はいつから勉強すればいいかと言う事なんですが、あまり早くやりすぎても民法と行政法の理解が進んでいないとただの暗記になってしまうので、記憶の定着がしずらいです。しかも意味もよくわかってないでしょう。

極端な話ですが試験前日に勉強しても、もちろん間に合いません。

じゃあいつがいいのか?1年間をかけて勉強している人は試験の2ヶ月~3ヶ月前がいいでしょう。半年かけて勉強している人は2ヶ月~1ヶ月前がいいでしょう。大事なのはあまりわかってない時にやっても効果があまりでないと言う事です。もし1年かけて勉強している人でも最初の2ヶ月で民法行政法理解したという方は3ヶ月目からでもいいと思いますけどね。何度もいいますが大切なのは理解してから記述は勉強することです。

 

(2014年8月12日(火) 20:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

元スポーツマンが一発合格!試験勉強に苦手意識がある方は、特にお薦め

初心者向け行政書士講座
宮本章 (行政書士)

池袋・板橋・十条・大山・中板橋・ときわ台・上板橋・東武練馬・板橋区役所前・志村坂上・...

ブログ記事 ページ先頭へ