全国5万人が受講している「サイタ」

行政書士講座(資格試験対策)

行政書士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座行政書士講座広島 牛島行政書士合格講座 スクールブログ “反省”はサル...

“反省”はサルでは出来ない。 (6月27日)

日本中が、一気に熱が冷めてしまったように感じるのは、私だけでしょうか?

サッカーWカップでの、日本の予選リーグ敗退という、あっけない結果。

今回は、大会前の期待や評判が高かっただけに、この意外な結果に、サポーター始め、マスメディアやサッカーとは普段無縁の世間の人達でも、失望・落胆した人は結構いたでしょうね。

さてこれから、ただのファンと言うだけで、当事者でもない無責任な世間による、サッカー協会、監督や選手への批判や戦犯探しが始まるのでしょうか。

世間で言うところの、「反省が必要だ。」というヤツですね。
でも本当は、世間が言うより、当事者の選手たちの方が、悔しい思いをし、強く反省しているんです。

問題は、どのように(正しい方向で)反省し、次に生かそうとしているのか、です。

この反省と言う作業は、上手くいかなかった時だけにするものとは、限りませんし、また、反省が無ければ上達や成功もあり得ません。

テレビでは、大道芸のおサルさんが、叱られて反省する格好をする芸を見ますが、本当の反省は、道徳心や規範性、向上心等というものがあって初めてできる高次の精神性作用ですから、おサルさんには無理です。 

競技という、勝ち負けが付きまとう世界では、負けは必然的に付いてきます。
そして、勝った時よりも負けた時の方が、得るものが多いのです。 

それが解るのは唯一、人間だけです。

試験もそうです。 失敗して、初めて解る事って、結構あります。 

本当は、失敗する前に、先生や先輩から、その手の話を沢山聞いて解っている筈なのに、自分が失敗するまでは本当の意味を理解出来ない、という人が、殆どです。

模試の必要性も、これで解るでしょう。

皆さん、反省はこまめにしましょう。 
月一でも、週一でも、振り返る時間を作って、それまでの計画や勉強が本当に正しかったのか、適切であったのか、これからどうすべきなのか、必ず見直しながら、試験当日までの計画を立てて準備し、本番に臨んでください。

反省は、早めにするに限ります。

 

(2014年6月27日(金) 0:36)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

会社員から行政書士へ。親切・丁寧に、合格への最短経路教えます

ブログ記事 ページ先頭へ